ぺんぎん薬剤師とはじめる!薬剤師のための中医協講座

更新日: 2022年6月16日

デュピクセントが再び市場拡大再算定の対象に!?

メインの画像1

参考記事
新薬14成分18品目を了承、中医協デュピクセントは市場拡大再算定で引き下げ

アトピー性皮膚炎の治療薬デュピクセント皮下注(一般名:デュピルマブ〔遺伝子組換え〕)は「年間販売額が350億円超かつ、基準年間販売額の2倍超」との要件に該当したため、市場拡大再算定の対象となり薬価を11.4%引き下げることが報告された。300mgシリンジは6万6356円から5万8593円、300mgペンは6万6562円から5万8775 円となり、適用は8月1日。

デュピクセント皮下注に市場拡大再算定が適応されるんだ!

8月1日から薬価が11.4%引き下げになります。

今回は、2021年5月18日に開催された中医協総会で決定してデュピクセント皮下注の市場拡大再算定についてまとめたいと思います。市場拡大再算定については薬剤師のための中医協講座の過去記事「市場拡大再算定?特例?薬価大幅減の理由は?」もご参照ください。

市場拡大再算定とは?

まずは市場拡大再算定の復習です。
市場拡大再算定は薬価収載時に予想された年間販売額を大きく超えて売れた場合(市場拡大)した場合に薬価の見直し(再算定)が行われる制度で、2000年(平成12年)から正式なルールとして導入されています。

  • 薬価収載後10年後の薬価改定を受けていない薬
  • 以下のいずれかに当てはまる薬
    ・原価計算方式で算定
    ・原価計算方式以外で算定されたもので用法や適応の変化により
     使用実態が著しく変化したもの
  • 以下のいずれかに当てはまる薬
    ・年間販売額150億円超 + 基準年間販売額2倍以上
    ・年間販売額100億円超 + 基準年間販売額10倍以上 + 原価計算方式で算定

中医協 総-3参考1 4.1.19 市場拡大再算定の要件について より

原価計算方式により薬価が算定された医薬品(薬価収載時に類似薬がなかったもの)については最大で25%、それ以外のものについては最大で15%の薬価が引き下げられます。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

ぺんぎん薬剤師の画像

ぺんぎん薬剤師
ぺんぎんやくざいし

4年制薬学部を卒業後、大学院では特許を取得。その経験を患者さんの身近な場所で活かしたいと考え薬局に就職。薬局では通常の薬局業務に加え、学会発表、研修講師、市民講座など、様々な形で「伝えること」を経験。自分の得た知識を文章にし、伝えていくことの難しさと楽しさを学ぶ。 薬局での仕事が忙しくなる中、後輩に教える時間がなくなり、伝える場としてブログ「薬剤師の脳みそ」の運営を開始。その後はTwitter、Facebook、Instagramなどの各種SNSも開始し、より多くの薬剤師に有意義な情報を提供できるメディアを目指して運営を続けています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

ぺんぎん薬剤師とはじめる!薬剤師のための中医協講座

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 薬価改定 服薬指導 後発医薬品促進 業界動向 新薬 医療クイズ 転職 薬歴 ebm