ぺんぎん薬剤師とはじめる!薬剤師のための中医協講座

更新日: 2024年2月5日 ぺんぎん薬剤師

敷地内薬局に関する衝撃的な改定案、その内容とは?

メインの画像1

2024年の診療報酬改定に関する記事をまとめた
「診療報酬改定2024まとめ」はこちら>>

参考記事:敷地内薬局、医療機関の処方箋料の引き下げも検討 「誘致する医療機関側にも問題」と強い対応求める声

厚生労働省は12月27日の中医協総会(会長:小塩隆士・一橋大学経済研究所教授)で、「いわゆる敷地内薬局を有する医療機関の処方に関する評価の在り方について、どのように考えるか」と提示、「これまでとは異なる強い対応が必要」「処方箋料を処方料と同程度の水準まで減額することが考えられる」など、敷地内薬局の規制に向け、薬局側だけではなく医療機関側への規制も求める声が相次いだ(資料は、厚労省のホームページ )。

令和6年度(2023年度)診療報酬改定に向けた中医協の議論の中で、敷地内薬局に関するテーマが注目されています。

1.グループ全体を対象とした減算の提案

令和5年11月29日に開催された中医協で、敷地内薬局に関する資料を公開し、関係者に衝撃を与えました。

敷地内薬局については、これまでの調剤報酬改定の中で「特別調剤基本料(7点)」の対象とすることで、調剤基本料の大幅な減算を受けていました。
今回提案された資料では、特別調剤基本料は廃止し、敷地内薬局を有する開設者として評価を行う新たな考えが示されました。

ぺんぎん薬剤師とはじめる!薬剤師のための中医協講座の画像

画像を拡大する

(2023年12月27日中医協資料)

これまでの特別調剤基本料による評価では、敷地内薬局のみがその対象でしたが、今回提案されたものでは、敷地内薬局を有する法人(グループ)に所属するすべての薬局の調剤基本料を減算するというものになっています。

100店舗有するグループに1店舗でも敷地内薬局が存在したら、100店舗すべてが調剤基本料の減算を受けるってこと?

そういうことだね。なんでグループ全体に話が飛躍したのかと思ったけど、いちおう理由がありそうだね。

2.調剤基本料のみでなく、もっと広い範囲での評価見直し

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

ぺんぎん薬剤師の画像

ぺんぎん薬剤師
ぺんぎんやくざいし

4年制薬学部を卒業後、大学院では特許を取得。その経験を患者さんの身近な場所で活かしたいと考え薬局に就職。薬局では通常の薬局業務に加え、学会発表、研修講師、市民講座など、様々な形で「伝えること」を経験。自分の得た知識を文章にし、伝えていくことの難しさと楽しさを学ぶ。 薬局での仕事が忙しくなる中、後輩に教える時間がなくなり、伝える場としてブログ「薬剤師の脳みそ」の運営を開始。その後はTwitter、Facebook、Instagramなどの各種SNSも開始し、より多くの薬剤師に有意義な情報を提供できるメディアを目指して運営を続けています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

ぺんぎん薬剤師とはじめる!薬剤師のための中医協講座

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師あるある 医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬価改定 業界動向 ライフ・雑学 マンガ 薬剤師に聞きました アンケート 医療クイズ