• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 医師が読み解く処方箋
  4. ニキビ治療に塗り薬なし 処方医の意図は?

医師が読み解く処方箋

更新日: 2020年4月13日

ニキビ治療に塗り薬なし 処方医の意図は?

ニキビ治療に塗り薬なし 処方医の意図は?の画像

同じ処方内容でも医師によってさまざまな意図があります。処方医はなぜそう書いたのか?薬剤師の疑問とともに、どのような症例が考えられるのかを医師へうかがいました。

この処方箋の意味はなんだろう?そんな薬剤師の疑問に答える、シリーズ「処方箋の裏側」。毎回、一つの症例をもとに、薬剤師の疑問に対して数名の医師が処方医の意図を読み解きます。

皮膚科の患者の症例

「この処方意図は?」薬剤師なら誰もが経験する場面ではないでしょうか。一つの処方箋から医師の意図を読み解く、シリーズ「処方箋の裏側」。第1回は、皮膚科の処方科目です。同じ処方内容でも、患者さんの症状とそれに対する医師の処方はさまざま。処方箋の裏側に隠れる医師の処方意図をさっそく見てみましょう。

年代・症状 10代男性・ニキビ
処方 イトラコナゾール250㎎とミノマイシン100㎎の朝夕28日処方
※塗り薬なし

皮膚科の医師の見解

ニキビ治療に塗り薬なし 処方医の意図は? 皮膚科の医師の見解の画像
男性42才皮膚科

胸部背部にマラセチア毛包炎を合併していたのでは

一般に面皰があり炎症が強いニキビ患者には、ミノマイシンと面皰治療外用剤を併用して処方します。この処方例の場合、面皰があまり目立たなかったため外用は処方されなかった、そして胸部背部などにマラセチア毛包炎を合併していた。もしくはニキビと判断がつかないような毛包炎がありイトラコナゾールを併用した。以上なことが考えられます。

ニキビ治療に塗り薬なし 処方医の意図は? 皮膚科の医師の見解 コメントの画像1
女性52才皮膚科

外用剤がすでに処方されていたため

患者さんはアトピー性皮膚炎があり、顔は尋常性ざ瘡だが、躯幹はマラセチア毛包炎で、顔に対し、ミノマイシン内服、躯幹に対して、イトラコナゾールが処方された。塗り薬が処方されなかったのは、今回の内服が処方される前にすでに、顔、躯幹それぞれに対して外用剤が処方されており、患者さんからまだあるといわれたため、今回は内服薬のみ処方したということではないでしょうか。

ニキビ治療に塗り薬なし 処方医の意図は? 皮膚科の医師の見解 コメントの画像2
男性37才皮膚科

アトピー性皮膚炎であり、外用剤や保温材が残っていたため

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

医師が読み解く処方箋

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード