• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 医師が読み解く処方箋
  4. 長期化した膝の痛みにNSAIDsを処方した意図とは?

医師が読み解く処方箋

更新日: 2020年6月14日

長期化した膝の痛みにNSAIDsを処方した意図とは?

長期化した膝の痛みにNSAIDsを処方した意図とは?の画像

同じ処方内容でも医師によってさまざまな意図があります。処方医はなぜそう書いたのか?薬剤師の疑問とともに、どのような症例が考えられるのかを医師へうかがいました。

この処方箋の意味はなんだろう?そんな薬剤師の疑問に答える、シリーズ「処方箋の裏側」。毎回、一つの症例をもとに、薬剤師の疑問に対して数名の医師が処方医の意図を読み解きます。

整形外科の患者の症例

「この処方意図は?」薬剤師なら誰もが経験する場面ではないでしょうか。一つの処方箋から医師の意図を読み解く、シリーズ「医師が読み解く処方箋」。第3回は、整形外科の処方科目です。同じ処方内容でも、患者さんの症状とそれに対する医師の処方はさまざま。処方箋の裏側に隠れる医師の処方意図をさっそく見てみましょう。
第1回は「ニキビ治療に塗り薬なし 処方医の意図は?」
第2回は「腹部の張りとイライラ症状。医師の判断は?」

年代・症状 30代女性・ひざの痛みを長期抱えている
処方 トラマールOD25㎎を服用していた
↓ 「効き目が弱くなってきた」との患者の訴え
処方変更(1):サインバルタ20㎎を分1で投与
↓ 2日後 副作用により中止
処方変更(2):ツムラ28+ノイロトロピン+
ジクロフェナク37.5㎎×2+ガスターD10㎎×2

整形外科の医師の見解

男性 50才 整形外科

炎症性疾患を考え、NSAIDsを処方

30代女性の膝の痛みだと変形によるものとは考えにくく、ヒアルロン酸の適応もないため、長期使用も考えトラマールを使用開始した。 その後、痛みは改善したが、再度痛みが出現、原因がはっきりせず不安要素も強いため慢性疼痛緩和にてサインバルタを使用した。しかし、サインバルタも副作用で合わず。
リウマチを含めた炎症性疾患を考え、NSAIDs、漢方薬を処方した。

男性 51才 整形外科

トラマドールへの耐性の懸念があるため、ブプレノルフィンを優先

効き目が弱くなってきたということからノルスパンテープへ変更。用量の問題ではなく、血中濃度の不安定さにより「効果が弱まった」と感じた可能性があるので、持効性の薬剤であるワントラムもしくはノルスパンテープへの変更が妥当と判断。しかし、トラマドールへの耐性の懸念もあるので、ワントラムではなく、ブプレノルフィンを優先した。ただし、皮膚障害に十分な配慮は必要。

男性 63才 整形外科

抗うつ剤と慢性疼痛の両方の薬としてサインバルタを処方

慢性の膝の痛みということで、リハビリ、装具など試したのであろうが、効果が十分でなかったのであろう。トラマールを少量投与してきたが、オピオイドなので、効果が弱くなってきた場合、これを増量するよりは、サインバルタでやってみたらどうだろうと考えたのではないか?
サインバルタはその作用機序から、抗うつ剤と慢性疼痛の両方の薬として使われており、現在はうつと関係なく疼痛閾値を下げる薬としても使用されている。副作用が出ない患者さんには慢性疼痛にけっこういい薬だが、眠気、吐き気などの副作用が出る事があり、まったく受け入れられない患者さんが一定数ある。私見では5人に一人くらい副作用が出るような気はする。
次の処方はその時の膝の所見によるが、あるいは関節炎症状が出たのかもしれない。ただ、ジクロフェナックナトリウムは長期処方には向かないので、そのうち変更するのでは?

男性 46才 整形外科

副作用はセロトニン投与急性期に生じ得る吐き気

NSAIDSは、急性期のみに効果があり長期投与は避けるべきである。本患者は長期に渡る慢性疼痛を主訴に受診した。すでにNSAIDS含有のトラマールの効果が薄れていることから、慢性疼痛に効果的な鎮痛剤としてエビデンスのあるサインバルタに変更することになる。SNRIであるサインバルタはSSRIと異なり鎮痛作用を主として開発された薬剤であると理解している。副作用のひとつであるうつ症状増強効果は開始直後に生じるものではなく増量後、急に減量した際に生じるセロトニン血中濃度に依存すると考えられ、低用量での投与開始後すぐに生じるものではないだろう。…

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

医師が読み解く処方箋

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード