• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. いま、何を学ぶ?薬剤師が身につけておくべき知識
  4. 疑義照会義務は「自信あり」、薬剤師に必要な法的知識とは?

いま、何を学ぶ?薬剤師が身につけておくべき知識

更新日: 2019年7月23日

疑義照会義務は「自信あり」、薬剤師に必要な法的知識とは?

Q患者さん対応に係わる法的知識のうち以下について、先生の理解度に近いものを一つお選びください。

『疑義照会義務』、『個人情報の取り扱い』は、9割以上が「理解している」 と回答。
勤務先別(薬局/病院)で回答傾向に差は見られませんでした。 『適応外使用における法的義務』は、65%が「理解している」と回答しましたが、勤務先別にみると「理解している」薬局勤務(62.6%)/病院勤務(66.8%)と病院勤務の薬剤師のほうが適応外使用について理解している結果となりました。

薬剤師 : 1799人 アンケート期間:2019年5月22日6月9日

Q「薬剤師の身を守る法的知識」について学習したいテーマや事柄がありましたら何でもご記入ください。

  • 実際起こったケースなどを知りたい。
  • 調剤者と監査・投薬者による法的責任度の違いなどについて知りたいとも思います。
  • 適応外使用、添付文書上の用法用量を超えた投与量、ジェネリックへの変更に関するルール、調剤のあり方指針など。
  • 疑義照会をして医師からそのまま調剤してほしいといわれて、その通り調剤した後に患者に有害事象が発生した場合の薬剤師の法的責任はどうなるか。
  • 医師の誤処方を見逃してしまった場合の過失の程度はどのくらいか。
  • 説明はいらない、初回質問票には答えたくないなどという患者に対して、情報を聞き出せなかったため、もしくは情報を提供できなかったために何らかの問題が生じた際に責任が発生するのかなどケーススタディ的な内容を教えてほしい。
  • クレームがこじれてしまった時の対応について。

「法的知識」が学べるe-ラーニング講座のご紹介

学習のポイント
  • 薬剤師業務を行う上で発生しうる法的リスクが分かるようになる
  • 薬剤師に対し課せられる法的責任と義務について説明できるようになる
  • 法的リスクに備えた薬剤師業務を行うことができるようになる
  • 医療現場における個人情報の取り扱いについて学ぶことができる
受講者のコメント
photo

法的な部分についてはウワベでしか理解していなかったが、具体例や現場での例も含めて教えていただけたのは良かった。バラバラの知識がすっきりまとまった気がする。

photo

個人情報の取り扱いは、自己流にならず、法的根拠を持って責任を持つことができるようになれる。調剤過誤については身が引き締まる思いで聞くことができた。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

キーワード一覧

いま、何を学ぶ?薬剤師が身につけておくべき知識

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする