• 薬剤師
  • コラムが読める

いま、何を学ぶ?薬剤師が身につけておくべき知識

更新日: 2019年9月24日

「在宅は多職種に学べ」在宅従事の薬剤師が回答

m3.com薬剤師会員に在宅医療の従事意向を伺ったところ、「経験があり、今後も従事したい 35.6%」、「経験がなく、従事してみたい29.1%」と在宅医療に積極的な回答が64%を超えました。

m3.com薬剤師会員 : 1104人 アンケート期間:2019年9月2日9月13日

Q在宅医療の学習・スキルアップで取り組まれていることを教えてください。(3つまで)

在宅従事者は「現場で多職種に学ぶ」「多職種と勉強会で学ぶ」
「在宅医療の経験があり、今後も従事したい」薬剤師393人に学習方法を聞いたところ、「在宅医療の現場で多職種から学ぶ」が6割を超え、次いで「多職種との勉強会で学ぶ」が6割近くを占める結果となりました。学習したい内容には「多職種との連携方法」「患者やその家族との接し方」「特定保険医療材料」「褥創治療」など現場に即した具体的なものが寄せられました。

「在宅医療の経験があり、今後も従事したい」薬剤師 : 393人 アンケート期間:2019年9月2日9月13日

Q「在宅医療」について学習したいテーマや事柄がありましたら何でもご記入ください。

  • 在宅医療と地域包括ケアシステムがどのような方法でできるのか。
    実際、在宅医療をやってみると患者以外の患者家族を始め、医師、看護師、ヘルパー、施設などがよく見えなくて、電話やファクスのやりとりではしっかりつながっていない気がします。地域包括の意味がよくわからないので仕組みや今後やるべきことが知りたいです。
  • 在宅患者の心のケアとして薬剤師には何ができるか?在宅患者の家族とのコミュニケーション(ご家族との連携の在り方やその意義)
  • 薬剤師以外の多職種の人々との連絡方法、連携の仕方
  • お薬を飲みたがらない患者、アドヒアランス不良の患者に対して、どのようなアプローチで改善していくかを学びたい。
  • 在宅で使われる医療機器の使い方や特徴、注意事項など
  • 嚥下と内服しやすさ
  • 褥創治療

「在宅医療」が学べるe-ラーニング講座のご紹介

学習のポイント
  • 地域包括ケアシステムの中で求められる薬局・薬剤師の役割について理解できるようになる
  • 在宅医療において連携多職種が薬局・薬剤師に期待している具体的な役割について理解できるようになる
  • 「入院→退院・在宅医療への移行→看取り」の流れを把握することができるようになる
  • 患者様や連携多職種に対し訪問薬剤管理指導に必要な事前確認ができるようになる
  • 訪問薬剤管理指導での具体的な確認点や必要な作成文書について分かるようになる
受講者のコメント
photo

各老人施設の理解が進んだ。現場の写真が掲載され、どのような問題があるか参考になった。

photo

全体像と、実務をイメージ出来た気がする。調剤報酬、介護保険単位について、もっと知りたい。継続して欲しい。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

キーワード一覧

いま、何を学ぶ?薬剤師が身につけておくべき知識

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする