20代&30代・若手薬剤師のための「お悩み相談室」

更新日: 2024年4月24日 薬剤師コラム編集部

知識不足で患者さんの質問に答えられない!

知識不足で患者さんの質問に答えられない!メインの画像

若手薬剤師にヒヤリングしたお悩みをピックアップし、解決のヒントを届ける「若手薬剤師のためのお悩み相談室」。第三回は「知識不足」に関する悩みを取り上げます。患者さんからの質問に答えられないときは、どうすればいいでしょうか。先輩薬剤師が教える対処法をぜひ、参考にしてください!

今回のお悩み

知識不足で患者様の質問にお答えできないことがあります。薬局で取り扱っている薬の範囲が広く、良く出ている薬を優先して勉強しているものの時間が足りません。

先輩「tataさん」からのアドバイス

知識不足で患者さんの質問に答えられない!の画像1

新薬や医薬情報は日々更新され、現場で働く薬剤師の知識のアップデートは欠かせません。患者様の質問に答えられず、意気消沈する場面に出会うことも少なくないでしょう。

もちろん即座に回答できることが望ましいですが、質問に対して全て知識で答える必要はありません。

または

m3.com会員登録いただくと、医療ニュースや全てのコラム記事が読み放題&ポイントが貯まる

新規会員登録(無料)

こちらもおすすめ

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。

キーワード一覧

20代&30代・若手薬剤師のための「お悩み相談室」

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師あるある 医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 年収・待遇 ファーマスタイル