• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. スマートピックアップロッカー導入の決め手とは

特集

更新日: 2021年2月27日

スマートピックアップロッカー導入の決め手とは

スマートピックアップロッカー導入の決め手とはの画像

処方薬の受け渡しは対面が基本など、調剤薬局にとっての当たり前が、コロナ禍や患者さまのライフスタイルの多様化により、大きく変わろうとしています。そうしたなか、調剤薬局にはどのような対応や変化が求められるのでしょうか。ここでは、24時間処方薬の受け渡しが可能な宅配ロッカー「スマートピックアップロッカー」を導入した、日本調剤株式会社の薬剤本部薬剤管理部の良玄一郎さんにお話を伺いました。

「グレーゾーン解消制度」により対面以外の薬剤受け渡しが可能に

全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(東京都千代田区)は、宅配ロッカーの「スマートピックアップロッカー」を開発・展開する株式会社フルタイムシステム(東京都千代田区)との合同プロジェクトとして、日本調剤 根津薬局(東京都文京区)で処方薬受け渡しの実証実験を2020年12月10日から始めています。

スマートピックアップロッカー導入の決め手とはの画像

「これは、冷蔵機能付きの『スマートピックアップロッカー』を使い、24時間いつでも処方薬を受け取り可能な体制を整え、非接触による処方薬受け渡しのニーズや作業の効率化などを検証するというプロジェクトです」(良玄さん、以下同)

プロジェクトのきっかけは、いまから遡ること2018年6月1日のこと。「グレーゾーン解消制度」(事業に対する規制適用の有無を事業者が照会できる制度)で、ピックアップターミナルを介した薬剤の受け渡しは薬剤師による患者さまへの直接の受け渡しと同程度に、薬剤の品質の保持、確実な授与を確保していると厚生労働省が回答したことにより、導入が可能になったのです。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード