• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. 地域連携薬局の認定基準は

特集

更新日: 2021年3月27日

地域連携薬局の認定基準は

ロボット薬局(梅田薬局)はさらに進化する 薬局と薬剤師の未来の姿とはの画像

2021年8月に開始する「地域連携薬局」「専門医療機関連携薬局」の認定制度。2021年1月末には、施設設備や体制など具体的な認定基準が明らかになりました。ここでは、地域連携薬局の認定基準について見ていきましょう。

高齢者利用とプライバシーに配慮した店舗構造

地域連携薬局の認定制度は、薬剤師の実績だけでなく店舗のつくりにも基準があります。

  • 新法第6条の2第1項第1号に規定する利用者が座って服薬指導等を受けることができる、間仕切り等で区切られた相談窓口その他の区画並びに相談の内容が漏えいしないよう配慮した設備を有すること。
  • 高齢者、障害者等の円滑な利用に適した構造であること。

カウンターには患者が座って服薬指導を受けられるように座席を用意するとともに、パーテーションなどでプライバシーに配慮することも必要です。また、高齢者や障害者が利用しやすいように、入り口や店内に段差をなくす、などの工夫も求められています。

地域の医療機関と連携し「顔の見える関係」を

次は地域の医療機関や医療関係者との連携に関する基準を見てみましょう。

  • 薬局開設者が、過去1年間において、当該薬局において薬事に関する実務に従事する薬剤師を、介護保険法第 115 条の 48 第1項に規定する会議その他の地域包括ケアシステムの構築に資する会議に継続的に参加させていること。
  • 薬局開設者が、当該薬局において薬事に関する実務に従事する薬剤師が利用者の薬剤及び医薬品の使用に関する情報について地域における医療機関に勤務する薬剤師その他の医療関係者に対し随時報告及び連絡することができる体制を備えていること。
  • 薬局開設者が、過去1年間において、当該薬局において薬事に関する実務に従事する薬剤師に利用者の薬剤及び医薬品の使用に関する情報について地域における医療機関に勤務する薬剤師その他の医療関係者に対して月平均 30 回以上報告及び連絡させた実績があること。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード