• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. 外国人にも安心な多言語版お薬手帳

特集

更新日: 2021年6月10日

外国人も安心!多言語版お薬手帳を作製、普及に努める

特集 見直そう! お薬手帳メインの画像1

海外へ行ったことのある人なら、外国の地で何かと不便な思いをしたことも多いはず。体調を悪くするようなことがあれば、ことさら不安になるものです。そうであれば、日本に住む外国人の不安に親切に対応するのも医療従事者や周囲の人の大切な1つの役割といえるでしょう。そんな役割をいち早く担い活動してきた多言語版おくすり手帳普及プロジェクトのメンバーに、活動のきっかけや現在までの経緯、作製されたお薬手帳の特徴などについて話を伺いました。

話を伺った人

特集 見直そう! お薬手帳の画像1

左から共生のまちづくりネットワークよこはま 飯田さん、同 小池さん、株式会社大川印刷 蓑輪さん

外国人の「行きづらい!」を助けたい

「多言語版おくすり手帳」の作製は、2014年に株式会社大川印刷が受け入れたインターンシップ大学生の「高齢者向けおくすり手帳」の作製が発端です。その後、それを引き継いだインターン生が、やさしい日本語版や外国語版作製へ展開しようと試みたことで、共生のまちづくりネットワークよこはま(NPO)と協働して多言語版作製に取り組むこととなりました。それまで英語版のお薬手帳はあったようですが、多言語版のお薬手帳はこれが日本で最初のものです。さらに、協働パートナーとしてジャパンハウジング株式会社の協力も得ることができ、外国人へのアンケートやモニタリングを実施、対応言語の選択や内容の改訂を重ね、現在に至っています。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

後藤   玲の画像

後藤 玲
ごとう れい

フリーライター歴9年。Webメディアから紙媒体まで数々のメディア・媒体に携わる。 主に、医療関連メディアでの取材ライターとして活動する。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード