1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. 患者対応に役立つ、新型コロナウイルスに関するTIPs1

特集

更新日: 2022年2月7日

患者対応に役立つ、今押さえておきたい新型コロナウイルスに関するTIPs1

メインの画像1

2022年が始まり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いもとうとう3年目に突入しましたが、2021年終盤からは「オミクロン株」の登場によって、またその戦況は大きく変わりつつあります。そこで今回は、この第6波を乗り越える際の患者対応に役立ちそうな情報を紹介します。

オミクロン株は重症化しにくい?

「オミクロン株」は、重症化しにくいって本当ですか?
「デルタ株」に比べると確かにそういう傾向はありそうだが、“重症化しない”わけでもなければ、“軽症であればただの風邪くらいで済む”わけでもないという点には注意

(参考になるデータ)

注意すべきポイント

いま世界的に流行している「オミクロン株(Omicron VOC-21NOV-01(B.1.1.529))」の特徴については、まだ豊富なデータがあるわけではありませんが、たとえば2021年末にイギリス保健安全保障庁(UK Health Security Agency)が公開したデータが、その輪郭をつかむのに役立ちます。

これによると、「オミクロン株」は「デルタ株」に比べて救急搬送や入院のリスクは3分の1から半分程度であると評価されています(☞p.8:Risk of hospitalisation in Englandを参照)。これはワクチン接種をしていない人でも同様で、確かに“重症化しにくくなっている”という面は観察されているようです。

ただし、この情報を扱う上では3点、注意したいところがあります。

1 重症化しにくい≠重症化しない

まず1つめは、この重症化リスクの低下には、世界で大きく進んだワクチン接種(2回)の効果が影響している可能性がある、ということです。実際、ワクチンを接種していない人にとっては、重症化リスクは下がっていたとしても20~25%程度1)だというデータもあり、ウイルス自体の病原性はそこまで変わっていない可能性があります。

2つめは、“重症化しにくい”は“重症化しない”とは異なる、という点です。そもそも、入院などのリスクはゼロになったわけではなく、かなり重症化リスクの高かった「デルタ株」に比べて弱まった、という話です。現在のところ、確かに持病のない若い人でも大半がどんどん重症化していくような感染症ではありませんが、かといって、発症した際に“重症化しない”ことの保障はどこにもありません。それに、重症化リスクがたとえ半分になっても、感染者が2倍に増えれば重症者の数は同じになり、同じだけ医療資源を消耗・圧迫することになります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

服薬指導 業界動向 漢方 医療クイズ SOAP 転職 薬歴 ebm 感染症対策 薬剤師あるある