1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. お薬手帳の持参率アップに向けて

特集

更新日: 2022年6月9日 児島 悠史

お薬手帳の持参率アップのために、薬剤師にできることは?①

メインの画像1

今も多くの薬剤師が「お薬手帳」の普及に尽力し続けている

併用薬を正確に確認できる「お薬手帳」は、今や安全な薬物治療に今や欠かせないツールです。しかし、その歴史は意外と浅く、調剤報酬の内容に初めて組み込まれたのは2000年4月のことです(☞https://pharmacist.m3.com/column/iryouseido/2527 )。しかも、お薬手帳を持参すると窓口負担が増えていた2000~2015年頃は、テレビや週刊誌などでも「お薬手帳を断れば安くなる!」「お薬手帳は薬局の利権!」というような論調も多く、強い逆風に曝されてもいました。にもかかわらず、今ここまで広く国民に普及しているのは、純粋に「お薬手帳」が有用だからというだけではなく、多くの医療機関での地道な啓発活動の賜物と言っても良いと思います。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 ライフ・雑学 研修認定薬剤師資格 専門・認定薬剤師資格 医療クイズ 疾患・病態 診療報酬改定 SOAP