1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. 服薬指導のプライバシーに対する意識調査.1

特集

更新日: 2022年8月4日

服薬指導のプライバシー、どこまで気を付けている?.1

メインの画像1

ほとんどの薬剤師が、服薬指導の際にプライバシーに注意している

自分が患者の立場になった際に実感できることですが、薬剤師から薬の説明を受ける際に、オープンスペースでプライベートな話を根掘り葉掘り聞かれるのは、あまり心地の良いものではありません。「周囲の他の患者さんに丸聞こえなのではないか」と気になって相談したくても相談しづらい、そんなケースは少なくないはずです。実際、特に薬局では「プライバシーへの配慮」は顧客満足度とも大きく関係している1,2,3)ことが報告されているように、この問題の解決は患者側から求められているものでもあります。

今回、6月8~15日にかけて薬剤師向けに実施したアンケートでは、362名の回答者の90%以上の人が「服薬指導の際にプライバシーについて配慮している」と回答しました(図1)。つまり、患者のプライバシーに配慮した服薬指導を行う、というのは、薬剤師としてほぼ当たり前の行動として定着していると言えます。

【特集】服薬指導のプライバシー、どこまで気を付けている?の画像

▲図1.「服薬指導の際、プライバシーについて配慮していますか?」に対する回答(n=362、うちわけ:保険薬局235名、病院111名、ドラッグストア10名、その他行政など6名)

では、このようにほぼ“当たり前の行動”として定着しているプライバシーへの配慮として、具体的にどのようなことを行っているのか、その取り組み内容を少し詳しく見ていきたいと思います。

多くの薬剤師が「プライバシーへの配慮」と「きちんとした確認・指導」の両立に悩んでいる

今回のアンケートでは、薬剤師が個人でできる「プライバシーの配慮」として、以下のような回答が得られました(表1,2)。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 服薬指導 疑義照会 ライフ・雑学 店舗経営 オンライン服薬指導 医療クイズ 失敗列伝 ebm 感染症対策