1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. 医療材料の話ー褥瘡の基本

特集

更新日: 2022年8月8日

褥瘡患者さんに使用する医療材料の取り扱い

メインの画像1

私たち保険薬局の薬剤師にとって、患者さんの体を隅々まで観察するという機会は多くありません。しかし、在宅医療を行うと患者さんの状態を確認したり、医師や看護師とのコミュニケーションの中で病態について理解を求められたりすることが、よくあります。そのため、まずは「褥瘡」とはどのような病態で、どのように薬剤師が関わっていくことになるのかを簡単に解説します。

褥瘡とはどのような症状か

褥瘡は”床ずれ”とも呼ばれ、寝たきり状態などによって体の部位が体重で圧迫されて、その部位の血流が悪くなることによって起こる皮膚の損傷のことです。実際、見た目にも皮膚が赤くなったり、爛れたりして傷ができます。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

小原 一将の画像

小原 一将
こはら かずまさ

薬剤師/株式会社sing代表取締役
2009年京都薬科大学を卒業後、様々な保険薬局で勤務。薬剤師の価値をもっと社会に届けたいと考え、2019年12月に株式会社singを設立。「頼れる薬剤師が身近にある社会をつくる」をビジョンとして、薬剤師の教育や新しい働き方の支援を行っている。
Apple製品好きであり、薬剤師の業務や医療の発展に活用できないか日々考えている。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 服薬指導 業界動向 漢方 医療クイズ 疾患・病態 転職 ebm 感染症対策 薬剤師あるある