1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. 大人のADHDを知ろう-治療について

特集

更新日: 2022年8月31日

大人のADHDを知ろう.2-ADHDはどんな風に治療する?

メインの画像1

ADHDにはどんな治療薬がある?

ADHDの主な原因は、脳の機能障害とされています。具体的には、脳の前頭葉にある前頭前野(順序立てて行動したり行動を抑制する働きの領域)、側坐核(待つことを司どる領域)、小脳(タイミングなどの時間の感覚)の働きが弱いことなどが指摘されています。

これら脳の領域を活性化させるためには、「ドパミン」という神経伝達物質が必要です。しかし、「ドパミン」が何らかの要因で不足するとこれらの脳の働きが弱まり、それが原因で不注意や多動性、衝動性といった症状が現れる、というのが現在考えられているメカニズムです。そこで、薬物治療では脳内の「ドパミン」の量を増やし、脳の働きを改善する薬が使われます。

現在、日本で用いられているADHDの治療薬は全部で4種類あります。新しい薬もあり、ガイドラインの改訂が追いついていない部分もあるため、薬の特徴を踏まえて、医師が個々の患者さんの症状や状況に合わせて使用しているのが現状です(副作用で「眠くなる」ものと「眠れなくるもの」とがあるなど、かなり特徴に違いがあります)。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

小原 一将の画像

小原 一将
こはら かずまさ

薬剤師/株式会社sing代表取締役
2009年京都薬科大学を卒業後、様々な保険薬局で勤務。薬剤師の価値をもっと社会に届けたいと考え、2019年12月に株式会社singを設立。「頼れる薬剤師が身近にある社会をつくる」をビジョンとして、薬剤師の教育や新しい働き方の支援を行っている。
Apple製品好きであり、薬剤師の業務や医療の発展に活用できないか日々考えている。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 服薬指導 疑義照会 業界動向 ライフ・雑学 医療クイズ 失敗列伝 転職 ebm 感染症対策