1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. リスクのある独立開業に向かうためのキャリアプラン

特集

更新日: 2022年10月22日

リスクのある独立開業に向かうためのキャリアプラン

メインの画像1

私は20代で独立開業をするキャリアを選択しました。会社を設立し約6年間、苦労も多くありましたが後悔はないです。これまでは独立開業におけるメリットや明るい話題を多く紹介しましたが、今回は開業することのリスクを紹介し、そのリスクを軽減するような働き方も併せて紹介します。

独立開業で経営者として生きていく選択肢

これまでの記事で独立開業において様々な苦労や喜びを紹介しました。私は独立するというキャリアを若手の薬剤師さんを中心に勧めていますが、この選択には大きなリスクもあります。

医療機関や企業、役所などに所属している場合はある程度雇用が守られ、給与も保証されています。例えば、自分自身が病気やけがなど働けない状況になったとしても、有給休暇を使うことで給与をもらえたり、それよりも悪い状況になれば雇用保険から傷病手当が出たり、といった生活の保障があります。

しかし、経営者にそのような保証はありません。特に、独立開業をした薬剤師で自身が現場に立っている場合は、働けなくなってしまうと薬局の営業ができず無収入となります。それだけではなく、営業できない場合でも固定費などのコストがかかるので、休めば休むだけ会社の出費だけが拡大していきます。

かなり絶望的な状況を紹介しましたが、独立開業というキャリアにはこのようなケースも当然想定されます。

個人事業主としてのキャリアプランの提案

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

躰長  靖貴の画像

躰長 靖貴
たいなが やすたか

薬剤師/株式会社ファーマピア代表取締役
足立区薬剤師会理事

2013年帝京大学薬学部卒業。2016年(28歳)に東京都足立区で調剤薬局を開業。
現在は薬局経営の傍ら、開局する若手薬剤師を支援するため開局コンサルタントとして、薬局のM&A案件の仲介、経営コンサルティングを行う。
また、薬学教育にも力を入れ、認定実務実習指導薬剤師として毎年多くの薬学生を受け入れている。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア コミュニケーション 医薬品情報・DI 調剤 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 業界動向 漢方 ライフ・雑学