薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

更新日: 2022年10月25日 小原 一将

「薬剤師×〇〇」を改めて考える.1~本業の薬剤師への意識は?

「薬剤師×〇〇」を改めて考える.1~本業の薬剤師への意識は?メインの画像1

先日、経営者が自身のキャリアやビジョンを薬学生や若手の薬剤師たちに向けて伝えるイベントに登壇しました。学生の中にはまだ3年生の方もいて、早い段階から将来に対する意識が高く感心させられるばかりでした。

日頃も、「起業したい」「副業したい」「新しいことをしたい」といった野心的な目標を持った薬学生や若手薬剤師を紹介され、色々とお話をすることもありますが、そんな皆さんに共通して、”勉強や本業もある中、将来をのことを考えて努力している”人が多いなという印象を受けます。

ただ、そこでいつも感じるのは、「そもそもの薬剤師としての本業については、どう考えているんだろう?」という疑問です。

薬剤師×◯◯の「薬剤師」は1より大きい数字なのか?

“薬剤師×◯◯”

…このような言葉を、色々な場面で見かけるようになりました。就職活動のイベントでもらう名刺やSNSのプロフィール欄などにも書いてあることがあります。例えば薬剤師免許を持つ薬剤師であることに加えて、他に美容関係の仕事をしている場合に「薬剤師×美容」と表記するなどして、自分の興味・関心の分野や自分の取り組みをわかりやすく表現するのに用いられている考え方のようです。

薬剤師は医療従事者でありながら、在宅医療に携わる中で患者さん宅を訪れて様々な支援を行ったり、ドラッグストアで日用品を販売したりと、”薬学以外の知識や技術”が必要になる場面も確かに多いです。そのため、美容や食事など様々な個性や特技を活かして活躍する薬剤師が増えれば、きっと患者さんにも新たな価値を提供できるようになるはずです。こうした方向性に関しては、大いに賛同の立場をとりたいところです。

一方で、この考え方には”危うさ”を感じる部分もあります。たとえば、薬剤師に何かを”かけ算”するのであれば、かけられる”薬剤師”の部分が「1」以上になっている、つまり一人前であることが大前提です。でなければ、かけ算をすると数字は「1」を下回って、どんどん小さくなっていってしまうからです。

「薬剤師×〇〇」を改めて考える.1~本業の薬剤師への意識は?の画像1

つまり、薬剤師として”1人前以上”でないと、その後にどんなものをかけても”相乗効果”による付加価値は生まれない、ということになります。これは言葉遊びのようなものですが、薬剤師に何かを掛け合わせるのであれば「薬剤師が土台になる」ことは間違いないので、その土台がぐらついていると良いものはできません。

薬剤師として「1人前」とは?

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

小原 一将の画像

小原 一将
こはら かずまさ

薬剤師/株式会社sing代表取締役
2009年京都薬科大学を卒業後、様々な保険薬局で勤務。薬剤師の価値をもっと社会に届けたいと考え、2019年12月に株式会社singを設立。「頼れる薬剤師が身近にある社会をつくる」をビジョンとして、薬剤師の教育や新しい働き方の支援を行っている。
Apple製品好きであり、薬剤師の業務や医療の発展に活用できないか日々考えている。

キーワード一覧

薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 マンガ 年収・待遇 ファーマスタイル