1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. 「軽度認知障害」の相談に対応しよう

特集

更新日: 2023年1月6日 児島 悠史

「軽度認知障害」の相談に、薬局でも対応しよう~1.軽度認知障害とは?

メインの画像1

お正月の帰省で久しぶりに高齢の親族と会ったとき、「物忘れ」が話題になることはよくあります。一般的に、歳をとればだれでも「物忘れ」くらいはするようになりますが、どこまでが加齢による普通の「物忘れ」で、どこからが病的な「物忘れ」なのか、その区別は非常に難しいのが実情です。そのため、「加齢によるものだと思っていたら認知症だった」とか、あるいは逆に「認知症だと思って心配していたら、ただの物忘れだった」、といったケースも珍しくありません。

特に、最近は「軽度認知障害」という言葉もよく耳にするようになり、「物忘れ」に対する市民の意識は高くなっています。そこで今回は、この「軽度認知障害」について何か薬局で相談された際にも困らないよう、その基本をおさらいしておきたいと思います。

軽度認知障害とは~認知症との違いは?

「軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)」とは、簡単に言うと“物忘れなどの認知機能の低下は見られるが、日常生活への影響はなく認知症とは診断できないものの、正常とも言えない状態”のこと、つまり「認知症」と「健常な状態」の間にあるグレーゾーンの段階を指します。

どこまでが「軽度認知障害」で、どこからが「認知症」なのか、という明確な線引きは難しいのが実情です。これにはいくつか理由がありますが、たとえば「軽度認知障害」の診断基準にはいくつか種類があり(例:DSM-5、ICD-10、NIA-AAなど)、それぞれ内容に少しずつ差がある1)、というのが挙げられます。

ただ、いずれの診断基準においても“日常生活を阻害しない”という点が共通した要素になっているため、認知機能の低下によって現れる症状が日常生活を阻害しているかどうかが、「軽度認知障害」と「認知症」を分けるポイントの1つと言えます。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 薬物療法・作用機序 医療クイズ 疾患・病態 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント 調剤基本料 薬剤師ブロガー