薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

更新日: 2023年1月13日 児島 悠史

「軽度認知障害」の相談に、薬局でも対応しよう~3.軽度認知障害にはどんな対策が有効?

メインの画像1

「軽度認知障害」と言われたからといって、全員がそのまますぐに日常生活に支障を来たすような「認知症」の段階にまで進んでいってしまうわけではありません。むしろ正常範囲まで戻るケースもたくさんある、ということを前回(「軽度認知障害」の相談に、薬局でも対応しよう~2.軽度認知障害は認知症に進行する?)の記事で紹介しました。しかし、こうした説明をされると、次に「何をすれば進行しない、正常範囲まで戻るのか?」が気になるのが人間です。

今回は、薬局で具体的にどんな取り組みが紹介できるのか、実際に有用性が報告されているものをいくつか紹介します。

「軽度認知障害」に、「認知症の薬」は効く?

よくあるのが、「認知症の進行を抑える薬を「軽度認知障害」のうちから飲んでおけば、認知症への進行を防げるのではないか?」という期待です。 確かに、「コリンエステラーゼ阻害薬」や「MNDA受容体拮抗薬」といった認知症の薬は認知症の進行抑制に一定の効果がある1)ため、理論上は期待できそうに思えます。しかし、実際にはほとんどメリットは無さそうで、たとえば「ドネペジル」を「軽度認知障害」の人が使ってもほとんど効果は得られない2)ことがわかっています。

難しいのは、薬学的なメリットは観察されていないものの、“薬を飲んでいる”ということが患者さんの主観的な安心に繋がる可能性はある3)、という点です。こうした“プラセボ効果”が重要な意味を持つような患者さんの場合、使ってはいけないとまでは言えないのかもしれません。ただ、「ドネペジル」などのコリンエステラーゼ阻害薬は下痢や吐き気などの副作用も起こりやすい4)ため、安易に使うのはできるだけ避けたい選択でもあります。

※てんかんを伴う軽度認知障害に「ラモギトリン」や「レベチラセタム」などの抗てんかん薬が有効な可能性がある5)など、特殊なケースもあります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 薬物療法・作用機序 服薬指導 国家試験 学習方法 ライフ・雑学 マンガ 医療クイズ ebm 感染症対策