薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

更新日: 2023年1月16日 小原 一将

子どもの薬はお母さんに服薬指導していませんか?明日から使える声がけフレーズ3選

子どもの薬はお母さんに服薬指導していませんか?明日から使える声がけフレーズ3選メインの画像1

シチュエーション

  • 3歳の子どもを連れたお母さんが、子どもの処方箋を持って来局
  • 子どもは発熱があるようだが元気そうな様子
  • 粉薬とシロップ剤が処方されているので調剤して投薬へ向かう

子どもの処方箋を扱うときは、調剤でも服薬指導でも薬剤師の腕の見せどころがたくさんあります。調剤では、その子どもが服薬できる剤形か、飲みやすい味かどうかを確認したり、用量は年齢や体重に対して妥当かどうかを確認したりと、注意することが多くあります。服薬指導においても、子どものライフスタイルに沿って服薬できる用法になっているかどうか、解熱剤の服薬タイミングをどう判断すれば良いかなど、実際に薬を飲ませる保護者と一緒に考えることがたくさんあります。

こうした対応は多くの薬剤師が日々実践していることと思いますが、ここにもう1つちょっとした工夫を上乗せして、さらに”できる薬剤師”と思わせる対応にも挑戦してみませんか。

薬剤師が、子どもに声をかけることの意義

薬剤師が子どもの薬について服薬指導をする場合、子どもを連れている保護者に向けて行うことがほとんどでしょう。子どもは、保護者に用意してもらった薬を飲ませてもらうので、この方法で基本的に間違いはありません。でも、実際に薬を飲むのは「子ども」なので、「子ども」に向かって服薬指導をするという選択肢もあります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

小原 一将の画像

小原 一将
こはら かずまさ

薬剤師/株式会社sing代表取締役
2009年京都薬科大学を卒業後、様々な保険薬局で勤務。薬剤師の価値をもっと社会に届けたいと考え、2019年12月に株式会社singを設立。「頼れる薬剤師が身近にある社会をつくる」をビジョンとして、薬剤師の教育や新しい働き方の支援を行っている。
Apple製品好きであり、薬剤師の業務や医療の発展に活用できないか日々考えている。

キーワード一覧

薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

禁忌 医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学 マンガ