薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

更新日: 2023年6月7日 児島 悠史

日焼け止め、ほとんどの人は必要量の半分も使えていない?~“適量”と“重ね塗り”の重要性

日焼け止め、ほとんどの人は必要量の半分も使えていない?~“適量”と“重ね塗り”の重要性メインの画像1

「日焼け止め」、どのくらい塗れば良い?~性能通りの効果を発揮するための必要量と、顔への適正量

「日焼け止め」の商品には、紫外線に対する防御性能として「PA」や「SPF」といった指標が記載されています。そのため、これらの指標をもとに、季節やシチュエーションに合わせた性能のものを選ぶのが基本になります。

※日焼け止めの性能の表記

  • PA:主に色素沈着やシワの原因となるUV-Aに対する防御効果。「+」から「++++」の4段階で表記される。
  • SPF:主に炎症の原因となるUV-Bに対する防御効果。「10」から「50+」の6段階で表記される。

しかし、こうした商品に記載された性能は、“十分な量の薬剤を塗布した際に得られる効果”である、という点に注意が必要です。保湿剤やステロイド外用薬なども含め、ほとんどの塗り薬に共通した話ですが、薬をあまり薄く延ばして使っていると、薬本来の効果は発揮されません。これは「日焼け止め」でも同じです。いくら「PA++++」や「SPF50+」といった高性能の日焼け止めを使っていても、薄く延ばして使っていると、実際に得られる防御効果は「PA+」や「SPF10」程度になってしまう、なんてことも起こります。そのため、「日焼け止め」もしっかりと適切な量を塗布することが重要になります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。

キーワード一覧

薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 マンガ 年収・待遇 ファーマスタイル