薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

更新日: 2023年8月20日 児島 悠史

「アムロジピン」と「ニフェジピン」、妊娠中の禁忌が外された根拠は?~安全性の報告や海外の添付文書、ガイドラインの記載

「アムロジピン」と「ニフェジピン」、妊娠中の禁忌が外された根拠は?~安全性の報告や海外の添付文書、ガイドラインの記載メインの画像1

「アムロジピン」と「ニフェジピン」の添付文書はどう改訂されたか

これまで、高血圧治療などに用いられるCa拮抗薬の「アムロジピン」は妊娠中、「ニフェジピン」は妊娠20週未満の女性に対し、添付文書上は“禁忌”に指定されていましたが、2022年12月に添付文書が改訂され、どちらも妊婦への禁忌が解除されました。これによって、妊娠周期にかかわらず「アムロジピン」や「ニフェジピン」は降圧薬の選択肢として考えることができるようになりました。

「アムロジピン」と「ニフェジピン」、妊娠中の禁忌が外された根拠は?~安全性の報告や海外の添付文書、ガイドラインの記載の画像1

▲(左)2022年12月改訂前、(右)2022年12月改訂後の「アムロジン錠」の添付文書

しかし、患者さんからすれば、「これまでダメと言われていたけど大丈夫になった」と急に説明されても、どういうことかわからず不安を感じてしまう可能性があります。そのため、この改訂がなぜ行われたのか、患者さんにもわかりやすく説明できるよう、まずはこの禁忌が解除になった理由や根拠をしっかりと押さえておきましょう。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。

キーワード一覧

薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

禁忌 医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学 マンガ