1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. 新型コロナの薬、薬価はどうやって決まった?

特集

更新日: 2023年9月27日 児島 悠史

新型コロナの抗ウイルス薬、薬価が高くなった理由~新薬の値段を決める3つの方式

メインの画像1

前回の記事で、新型コロナウイルス感染症の「抗ウイルス薬」は、1回の治療にかかる薬代だけで5~10万円になることを紹介しました。季節性インフルエンザの「抗ウイルス薬」では、先発医薬品を用いても2,500~5,000円程度で収まることを踏まえると、非常に高額になものになっています。なぜこんな高額になっているのか、その理由を見ていきたいと思います。

新薬の値段の決め方と、新型コロナの薬で採用された方式

新薬の値段は、既に類似薬が世の中にあるかどうか、新規性があるかどうか、という視点から、基本的に以下の3方式のいずれかで決められます。

①「類似薬効比較方式(Ⅰ)」:類似薬とは異なる新規性、既存薬を上回る有効性や安全性が示されている場合。
⇒新薬の1日薬価を、既存の類似薬の1日薬価に合わせ、有用性によって補正加算を行う

②「類似薬効比較方式(Ⅱ)」:類似薬と比べて新規性は乏しいと判断された場合
⇒過去数年間の類似薬の薬価のうち、最も安い1日薬価に合わせる

③「原価計算方式」:類似薬が世の中に存在しない場合
⇒原材料費や販売管理費、流通経費などをベースに、有用性によって補正加算を行う

(※さらに、海外での薬価などを踏まえて色々と調整されます)

厚生労働省の資料を見ると、新型コロナウイルス感染症の治療薬『ラゲブリオ』・『パキロビッド』・『ゾコーバ』は、いずれも①「類似薬効比較方式(Ⅰ)」で決められている1,2)ことが確認できますの。つまり、これらの薬の値段には、「既存の類似薬」の値段が非常に大きく影響することになります。では、それぞれどの薬を「既存の類似薬」として算定されたのかを見てみます。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

コミュニケーション 医薬品情報・DI 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療クイズ 疾患・病態 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント