1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. 薬局におけるクレーム対応のキホン

特集

更新日: 2023年11月12日 小原 一将

「待ち時間が長い!」〜よくあるクレームにどう対応する?〜

メインの画像1

外来業務や在宅業務、地域活動など私たち薬剤師業務は多岐に渡ります。その中でもクレーム対応は、なるべくなら関わりたくないと思っている人が多いでしょう。

しかし、薬剤師が自分一人しかいない場合、これから管理薬剤師や責任者になる場合など、クレームが来たら対応しなければいけない可能性があります。クレームを受けないようにする対策はもちろん必要ですが、急にクレームが起きた場合でも戸惑わないように、事例を用いてクレーム対応の基本をご紹介します。

クレーム対応の基本

どのような状況でもまずは謝罪が基本です。ただし、状況が把握できないままこちらの非を認めるような謝罪ではなく、クレームが起きてしまっている現状について「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と伝えるようにします。

そして謝罪後には、「状況を確認して、◯◯時までに連絡/対応します」と相手に伝えると良いでしょう。単なる時間稼ぎではなく、何時までにはどうなるのかを提示すると誠実さが伝わります。

状況が確認できない、責任者に繋がらない、などすぐに具体的なクレーム対応ができない場合も現場では起きると思いますが、その際も◯◯時までに連絡をすると伝えましょう。いつまでに解決するのか、今どのような状況なのか、といった不安や不満を相手に起こさせないためです。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

小原 一将の画像

小原 一将
こはら かずまさ

薬剤師/株式会社sing代表取締役
2009年京都薬科大学を卒業後、様々な保険薬局で勤務。薬剤師の価値をもっと社会に届けたいと考え、2019年12月に株式会社singを設立。「頼れる薬剤師が身近にある社会をつくる」をビジョンとして、薬剤師の教育や新しい働き方の支援を行っている。
Apple製品好きであり、薬剤師の業務や医療の発展に活用できないか日々考えている。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 薬物療法・作用機序 医療クイズ 疾患・病態 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント 調剤基本料 薬剤師ブロガー