1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. 「薬が足りない」という患者への対応法

特集

更新日: 2023年11月15日 小原 一将

「もらった薬が足りない!」〜よくあるクレームにどう対応する?〜

メインの画像1

前回に続き、今回もクレームの事例を紹介しながら薬局でのクレーム対策について考えます。事例の後には、さらにクレーム対応が向上する対策やコツもご紹介します。

クレーム③:もらった薬が足りない

このクレームも私たち薬剤師を日々悩ませるものですが、大きく2つのパターンがあります。

ひとつ目は、監査システムなどを使用していて、こちらのミスがはっきりと分かる場合です。この場合は、すぐに謝罪をして該当のお薬をお渡ししましょう。もしお薬が不足していて服用できていない期間があった際は、すぐに体調をうかがってください。元気そうに見えても、「お身体は問題ないですか?」といった寄り添う姿勢を見せることが重要です。そして、「医師にもこの件を伝えても良いですか?」などとお伺いして、処方したドクターにも

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

小原 一将の画像

小原 一将
こはら かずまさ

薬剤師/株式会社sing代表取締役
2009年京都薬科大学を卒業後、様々な保険薬局で勤務。薬剤師の価値をもっと社会に届けたいと考え、2019年12月に株式会社singを設立。「頼れる薬剤師が身近にある社会をつくる」をビジョンとして、薬剤師の教育や新しい働き方の支援を行っている。
Apple製品好きであり、薬剤師の業務や医療の発展に活用できないか日々考えている。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

コミュニケーション 医薬品情報・DI 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療クイズ 疾患・病態 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント