1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. 面接官が聞きたい薬剤師の自己PRとは

特集

更新日: 2023年11月26日 小原 一将

自分で考えた自己PRを繰り返して成長する

メインの画像1

自己アピールのために、自分語りではなく適切な自己PRをする必要があるということを一つ目の記事で解説しました。今回はその自己PRをどのようにするべきかについて考えてみましょう。

自己PRは自己紹介ではない

まず始めに、”自己PR”と”自己紹介”が違うということを確認しておきましょう。

“自己PR”と”自己紹介”は求められていることが大きく違います。自己紹介は「名前」や「出身」、「趣味や特技」など自分の情報を共有するという作業です。聞き手がたまたま、同じ名前や同じ出身地であれば、興味を持ってくれる可能性もありますが、それだけで大きく評価が変わることはないでしょう。

自己PRは自己紹介と違い、自分の情報を共有することが目的ではありません。自分にはどのような特徴や強みがあり、その特徴や強みがなぜその企業で役に立つのかを分かってもらう必要があります。

そのため、どのような企業や相手でも自己紹介の内容は大きく変わらないと言えますが、自己PRはより伝わりやすいように変えていかなければなりません。「他人とコミュニケーションをとるのが得意」という強みがあったとしても、企業にとってその強みを活かして欲しい場所はスタッフ同士、患者さんや取引先、医療従事者、など採用の状況やタイミングによって違うはずです。

自己PRを考えるためにおすすめの準備

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

小原 一将の画像

小原 一将
こはら かずまさ

薬剤師/株式会社sing代表取締役
2009年京都薬科大学を卒業後、様々な保険薬局で勤務。薬剤師の価値をもっと社会に届けたいと考え、2019年12月に株式会社singを設立。「頼れる薬剤師が身近にある社会をつくる」をビジョンとして、薬剤師の教育や新しい働き方の支援を行っている。
Apple製品好きであり、薬剤師の業務や医療の発展に活用できないか日々考えている。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 ライフ・雑学 研修認定薬剤師資格 専門・認定薬剤師資格 医療クイズ 疾患・病態 診療報酬改定 SOAP 薬歴