薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

更新日: 2023年12月21日 児島 悠史

「二日酔い」の薬を相談されたら?~効果を期待できる薬や商品と、その提案方法

メインの画像1

忘年会のシーズンになると、普段はあまりお酒を飲まない人でも付き合いでお酒を飲むことが増えるため、「二日酔い」になってしまう人が増えます。「体調不良のときは仕事を休んで家で療養しよう」という意識が高まっている今の時代でも、「二日酔いなので休みます」というのはさすがに憚られるもの。セルフメディケーションでうまく対処しながら仕事に行かなければならないというケースは多いはずです。

そんな場面でも、薬剤師として的確なアドバイス・商品提案ができるように、「二日酔い」についての知識をアップデートしておきましょう(※自分が二日酔いになったときにも役立ちます)。

POINT①:「二日酔い」への基本方針

お酒を飲み過ぎた翌日に起こる「二日酔い」では、頭痛や吐き気、下痢、腹痛、疲労といった不快な症状1)のほか、頭の働きも鈍く(空間認識能力や業務遂行能力が著しく低下2))なることが知られています。これは、体に「アルコール」が残っているからではなく、アルコールの代謝物であるアルデヒドが蓄積したり、体内のホルモンバランスが崩れたり、他にも睡眠不足や疲労、脱水・低血糖状態など3)が複雑に関係し合って起きていると考えられています。

しかし、よほどのことがない限り、「二日酔い」は時間経過とともに自然と治ってきます。朝には、痛む頭を抱えながら「二度とお酒を飲み過ぎるものか」と強く誓っておきながら、夜にはケロっと元気になってまたお酒を飲もうとしている、なんてこともよくあるくらいです。

つまり、「二日酔い」への対処を考える際には、たくさんある原因に対して1つずつ対応しながら、時間が経って元気になるまでの時間を耐え忍ぶ、どうしても我慢できない症状に対しては薬を使うことも考慮する・・・・・・これが基本的な方針になります。具体的には、水分や電解質、糖分の補給や休息といったことが“第一選択”で、初手からいきなり薬を使うのが最善手というわけではない、という点に注意が必要です。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 薬物療法・作用機序 服薬指導 国家試験 学習方法 ライフ・雑学 マンガ 医療クイズ ebm 感染症対策