薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

更新日: 2024年2月21日 児島 悠史

薬剤師も知っておきたい「感染後咳嗽」、その特徴や見分け方~新型コロナやインフルエンザの流行で増える咳の症状

メインの画像1

新型コロナウイルス感染症やインフルエンザなどの流行によって、いま多く発生していると考えられるのが「感染後咳嗽」です。基本的に「感染後咳嗽」は時間経過で自然に治癒しますが、こうした“長引く咳”の中には肺炎や結核といった感染症、あるいは気管支喘息のようなアレルギー疾患、場合によっては逆流性食道炎なども潜んでいることがあり、安易な決めつけは危険です。そこで今回は、薬剤師としても知っておきたい、「感染後咳嗽」を見分ける際のポイントを解説します。

「感染後咳嗽」って何?

新型コロナやインフルエンザを含め、上気道感染症を発症した際は、痰の絡んだ“湿った咳”が出るのが一般的です。通常、こうした咳は感染症が治癒するとともに自然と落ち着いていきますが、ときどき、痰の絡まない“乾いた咳”に変わりながら何週間も続くことがあります(図1)。これを一般的に「感染後咳嗽」と呼びます。

長引く咳と「感染後咳嗽」_第1回の画像

図1:「感染後咳嗽」のイメージ

明確な原因はわかっていませんが、気道の炎症や粘膜の損傷、あるいは一時的に咳反応が過敏になっていることなどが関係していると考えられています。

多くの場合、「感染後咳嗽」は風邪の咳から引き続いて起こるため、どこまでが「風邪の咳」でどこからが「感染後咳嗽」なのか、明確な線引きは困難です。ただ、「風邪の咳」は平均で17.8日間ほど続くとされている1)ほか、感染症の後に乾いた咳が3~8週間続く場合には「感染後咳嗽」を疑うとされている2)ため、風邪をひいてから「2~3週間」くらいで「風邪の咳」から「感染後咳嗽」へと徐々に切り替わっていくと考えるのが妥当です。

「感染後咳嗽」は、生命にかかわる?

「感染後咳嗽」では風邪から引き続いて何週間も咳が長引くため、体力を大きく消耗します。また、労働生産性や学習効率を低下させるだけでなく、特に夜間に症状が悪化する傾向にある3)ため、ほとんどの人で睡眠障害も引き起こします4)。子どもの場合、こうした夜間の咳で親も睡眠不足になり、そのまま“生命に関わるような事態”に陥るのではないか、と強い不安を感じる原因にもなります5)

一方で、

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師あるある 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 ライフ・雑学 マンガ 薬剤師に聞きました アンケート 医療クイズ 失敗列伝