薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

更新日: 2024年6月7日 児島 悠史

要注意!特定薬剤管理指導料「ハイリスク薬加算」の調剤報酬改定ポイントは?

要注意!特定薬剤管理指導料「ハイリスク薬加算」の調剤報酬改定ポイントは?メインの画像1
この記事でわかること!
  • 「特定薬剤管理指導料」の大きな変更点
  • 毎回の“ベタ取り”ができなくなった
  • 加算できるのは、新規処方や用法用量の変更時、副作用への対応時のみ
  • RMP資料や緊急安全性情報、ジェネリック医薬品に対する説明にも点数がついた

いわゆる「ハイリスク薬加算」と呼ばれてきた「特定薬剤管理指導料」が、今回の調剤報酬改定で大きく変更になりました。

主な変更点は、「特定薬剤管理指導料1」を算定できるタイミングが少なくなったこと、「特定薬剤管理指導料3」が新設されたことの2点ですが、どちらもせっかく対応できているのに算定漏れをしたり、間違ったタイミングで算定して返戻になったり・・・といったことが起こらないよう、改めてここでおさらいをしておきましょう。

(これまでの「特定薬剤管理指導料」)

加算 算定できるタイミング
特定薬剤管理指導料1
(10点/回)
・特に安全管理が必要な医薬品(※12種のハイリスク薬)が処方されている際
特定薬剤管理指導料2
(100点/月1回)
・連携充実加算(医科)を届出している医療機関で抗悪性腫瘍薬(注射)による治療を
受けている患者さんの、抗悪性腫瘍薬や支持療法に係わる薬に対応した際

(新しい「特定薬剤管理指導料」)

加算 算定できるタイミング
特定薬剤管理指導料1
(10点/回)
・特に安全管理が必要な医薬品(※12種のハイリスク薬)が、新たに処方された際、
用法用量が変更になった際、副作用発現等の状況に基づき必要な指導をおこなった際
特定薬剤管理指導料2
(100点/月1回)
(変更なし)
特定薬剤管理指導料3
(初回処方時のみ5点)
※新設
(イ)RMPに係る情報提供資料、緊急安全性情報、安全性速報に基づいた情報提供・
指導を行った際

(ロ)選定療養の対象となる先発医薬品を選択しようとする患者に説明を行った際、
供給不安定による銘柄変更で説明が必要となった際

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。

キーワード一覧

薬剤師の気になるトピックをお届け!今月の特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

禁忌 医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学 マンガ ファーマスタイル