• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師スキルアップナビゲート
  4. 漢方薬の服薬指導に活かす「エビデンス」

薬剤師スキルアップナビゲート

更新日: 2019年10月18日

漢方薬の服薬指導に活かす「エビデンス」

漢方薬の服薬指導に活かす「エビデンス」ポイントの画像

病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年の薬剤師経験をお持ちの進藤まゆみ(仮名)さんに、「薬剤師専用e-ラーニング<m3ラーニング>」を体験いただきました。

今回の講座
『続・薬剤師のための現代漢方~エビデンス編~』

『続・薬剤師のための現代漢方~エビデンス編~』の画像

長らく経験に基づき使用されてきた漢方薬ですが、近年、ランダム化比較試験(RCT)などによるエビデンスが集積され、また、複数の重篤な副作用も報告されています。このような新しい情報を適切に患者さんへ還元できるよう、漢方でもEBMの導入が進められています。

続・薬剤師のための現代漢方~エビデンス編~の画像

Lazy講座で学べること

漢方のEBMに関する背景や問題点を理解できるようになる
EBMの手法により漢方薬を評価できるようになる
代表的な漢方製剤のエビデンスを把握し、服薬指導に活かすことができるようになる
漢方薬による重篤な副作用の特徴や対応法が分かるようになる

Lazy受講をおすすめしたい薬剤師イメージ

調剤薬局や病院・診療所で漢方製剤を取り扱う薬剤師
・漢方製剤が多数存在するOTC販売に携わる薬剤師
・漢方製剤についてより充実した説明ができるようになりたい薬剤師
・漢方について基礎から学びたい薬剤師

講座を見る 【10/29(火)まで限定】3,055円→1,500円キャンペーン実施中!

講座の内容

第1部:漢方薬のエビデンス① -漢方薬とEBM-

漢方にEBMは可能か?この答えを十分理解するため、EBMの基本を復習しつつ、漢方とEBMの現在までの状況について確認していきます。

・医療における三「た」論法

・研究デザインのエビデンスレベル

・実は相性が良い日本漢方とEBM

・漢方治療エビデンスレポート(EKAT)とは?

・診療ガイドラインと漢方薬

『続・薬剤師のための現代漢方~エビデンス編~』 第1部:漢方薬のエビデンス① -漢方薬とEBM-の画像

第2部:漢方薬のエビデンス② -代表的漢方製剤のエビデンス-

比較的よく使用される漢方製剤のエビデンスと診療ガイドライン内でのその位置づけについて具体的に学びます。

・代表的な漢方製剤のエビデンス

BPSD軽減の「抑肝散」は認知症の型によって効果差あり?
医師口コミで広まる「五苓散」の新たな効果
外科医の漢方薬使用を促した「大建中湯」
「当帰芍薬散」などの婦人科領域漢方薬のエビデンスが増えにくい理由
「葛根湯」vs. OTC総合感冒薬
「牛車腎気丸」はオキサリプラチンによる末梢神経障害に効かない?

・診療ガイドラインにおいて推奨されている漢方処方

『続・薬剤師のための現代漢方~エビデンス編~』 第2部:漢方薬のエビデンス② -代表的漢方製剤のエビデンス-の画像

第3部:漢方薬の副作用

医療従事者からも軽視されがちな漢方薬の副作用に関わる現状を把握した後、注意すべき副作用について理解を深めます。

・漢方薬安全神話の崩壊と副作用情報の伝達システム

・漢方薬の重篤な副作用

間質性肺炎、肝障害、偽アルドステロン症、腸管膜静脈硬化症、心血管症状、薬疹

・「瞑眩」とその対応法

『続・薬剤師のための現代漢方~エビデンス編~』 第3部:漢方薬の副作用の画像

講座を見る 【10/29(火)まで限定】3,055円→1,500円キャンペーン実施中!

Lazy受講後の感想

・一見、西洋医学の方法論であるEBMと漢方は結び付きにくい印象だったのですが、第1部では、中医学、韓医学でなく、「漢方だからこそEBMと相性が良い」ことについて述べられており、大変興味深かったです。また、漢方の診療ガイドライン掲載に関して、「慢性便秘症診療ガイドライン2017」を例とした具体的な解説はわかりやすかったです。

・第2部では、取り扱う機会の多い方剤のエビデンスが端的にまとめられており、より説得力のある薬効説明に活用できそうだと思いました。時々見かける、処方意図がわからない方剤に関するエビデンスや有名な効能を否定するエビデンスなどもあり、勉強になりました。

・日常業務を通して、「漢方は安全」という認識の患者さんや医師が多いと感じており、漢方薬による副作用は、薬剤師として特に注意しなくてはいけない事項の一つだと思っていました。第3部では、漢方による重篤な副作用別に、発症傾向、症状、治療法などについて説明されており、患者さんへの啓蒙や早期の副作用発見に役立てることができそうです。

・本講座シリーズは、東洋医学的視点に偏りすぎない、現代医学を踏まえた説明となっており、実務に活かしやすい内容も多いので、とても学習しやすいと思いました。

講座を見る 【10/29(火)まで限定】3,055円→1,500円キャンペーン実施中!

関連記事:薬剤師の漢方処方に関する記事一覧はこちら
漢方に関連する記事一覧

SNSなどの外部サービスアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

進藤まゆみの画像

進藤まゆみ

※進藤まゆみ(仮名)です。
病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年を薬剤師として勤務。現在は九州の総合病院(100~150床規模)で調剤業務、薬剤管理指導業務(服薬指導)を担当している。大規模病院の門前薬局や総合病院での勤務経験より,幅広い診療科およびその処方薬に対する知識の必要性を感じている。
普段は、「業務上で発生した問題・疑問を解決するための書籍・ネットでの検索」、「薬剤師会や製薬会社などが開催する勉強会への参加」で学習中。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師スキルアップナビゲート

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

SNSなどの外部サービスアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

SNSアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード