• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師スキルアップナビゲート
  4. すぐに活かせる抗がん剤副作用アセスメント

薬剤師スキルアップナビゲート

更新日: 2020年3月20日

すぐに活かせる抗がん剤副作用アセスメント


病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年の薬剤師経験をお持ちの進藤まゆみ(仮名)さんに、「薬剤師専用e-ラーニング<m3ラーニング>」を体験いただきました。

今回の講座

『一歩ずつ始める 薬剤師が語る基礎からのがん治療』

2020年度診療報酬改定では外来抗がん剤治療の質向上のため、特定薬剤管理指導加算2(調剤)、連携充実加算(医科)が新設されました。抗がん剤治療への薬剤師の積極的な関与がますます求められます。抗がん剤治療で重要となる副作用マネジメントを中心に、抗がん剤に関する知識やスキルを把握しておくと、患者からの適切な情報収集や医薬および薬薬連携でのスムーズな情報伝達に役立てることができます。

スキルアップナビイメージ
講座で学べること
  • がん薬物療法について学ぶために必要な基本的事項を確認できる
  • 抗がん剤の種類とその作用機序について学ぶことができる
  • 抗がん剤処方鑑査のポイントがわかるようになる
  • 抗がん剤の主な副作用(消化器症状、皮膚障害、神経障害)のアセスメントができるようになる
受講をおすすめしたい薬剤師イメージ
  • 調剤薬局や病院・診療所でがん患者に対して服薬指導を行う薬剤師
  • 抗がん剤による薬物療法に関わる予定の薬剤師
  • がん患者や抗がん剤処方に苦手意識のある薬剤師
  • 抗がん剤処方箋応需時の具体的な対応について学びたい薬剤師
講座を見る

講座の内容

第1部:抗がん剤の作用機序を理解する

抗がん剤の処方箋を扱うために必要ながんや抗がん剤の基本的事項について確認します。

  • 「癌」と「がん」の違い
  • がん治療の流れと薬物療法の位置づけ:TNM分類、病期(Stage)、Performance Status(PS)
  • 抗がん剤処方鑑査時のポイント
  • 抗がん剤の種類と作用機序
    • 殺細胞性抗がん薬:細胞周期から読み説くレジメン
    • 分子標的薬:増殖シグナル伝達、血管新生、抗体薬と小分子薬
    • 免疫チェックポイント阻害薬:免疫関連有害事象(IRAR)
第1部イメージ

第2部:抗がん剤の副作用とその対策①

抗がん剤の分類別にそれぞれの主な副作用を理解した後、抗がん剤による副作用として患者の認知度も高い消化器症状について学びます。

  • 抗がん剤による副作用の評価:有害事象共通用語規準(CTCAE)
  • 抗がん剤の主な副作用と発現時期:
    • 殺細胞性抗がん薬、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬、内分泌療法薬(ホルモン薬)
  • 抗がん剤による消化器症状のアセスメントフローと処方鑑査・服薬指導のコツ
    • 悪心・嘔吐:悪心と嘔吐の違い、催吐性リスク分類
    • 下痢:早発性と遅発性、特殊な抗がん剤誘発性下痢
    • 口腔粘膜炎:口内炎の鑑別、口腔ケアのポイント
第2部イメージ

第3部:抗がん剤の副作用とその対策②

抗がん剤による副作用のうち、患者の認知度は低いものの、QOLを大きく損なう恐れのある皮膚障害、神経障害について学びます。

  • 抗がん剤により皮膚障害が発生する理由
  • 抗がん剤による皮膚障害のアセスメントフローと処方鑑査・服薬指導のコツ
    • 手足症候群(HFS)、ざ瘡性皮膚炎、爪囲炎、脱毛
  • 抗がん剤による神経障害のアセスメントフローと処方鑑査・服薬指導のコツ
    • 中枢神経障害、末梢神経障害、聴覚障害、眼障害、味覚障害
第3部イメージ
講座を見る
受講後の感想

大病院門前薬局に勤務していた際、分子標的薬を中心とした内服抗がん剤の増加とともにその処方箋が増えていったことを覚えています。これらの処方箋が近隣の他薬局にも持ち込まれ、色々な意味で戸惑う薬剤師の声を耳にすることもありました。本講座では、抗がん剤について学ぶ上での基本的な事項に加え、抗がん剤の処方箋を応需した際の流れが順を追って示されており、抗がん剤処方の取り扱いに不慣れな薬剤師でもすぐに活用できそうだと思いました。

忙しさもあって、抗がん剤の特徴などは個々の薬剤ごとに確認することが多く、体系的に学ぶ機会があまりありませんでした。本講座の第1部では抗がん剤の分類とその作用機序、第2部では分類別の副作用と発現時期がまとめられており、わかりやすく再確認することができました。

第2部、第3部では、抗がん剤の副作用を臨床症状別にアセスメントフローや評価ツール、対応などが具体的に述べられており、大変実用的だと感じました。抗がん剤治療での副作用マネジメントは特に重要となるので、大いに役立つと思います。

講座を見る

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

薬剤師スキルアップナビゲート

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード