• 薬剤師
  • コラムが読める

薬剤師スキルアップナビゲート

更新日: 2021年4月30日

AIにはできない薬剤師のスキルとは?

薬剤師イラスト


病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年の薬剤師経験をお持ちの進藤まゆみ(仮名)さんに、「薬剤師専用e-ラーニング<m3ラーニング>」を体験いただきました。

今回の講座

「伝わるコミュニケーション術」

point

インターネットの普及などで、薬や疾患の情報を誰でも容易に知ることができるようになり、患者と薬剤師のコミュニケーションのあり方も大きく変わってきています。コンピュータやAIでもできる単なる情報伝達ではなく、人間だからこそできるコミュニケーションスキルを身につけることで、患者との信頼関係を構築し、薬のプロフェッショナルとしての知識を有効活用できるようになります。

スキルアップナビイメージ
講座で学べること
  • 患者の問題を正確に把握するために必要なコミュニケーションにおける考え方について理解できるようになる
  • 患者や医療スタッフに自分の考えを適切に伝える対話ができるようになる
  • トラブルなどによる心理的な逆境への対処法とコミュニケーションへの活かし方がわかるようになる
受講をおすすめしたい薬剤師イメージ
  • かかりつけ業務を行う薬剤師
  • 対人業務に力を入れていきたい薬剤師
  • 対人コミュニケーションに苦手意識のある薬剤師
  • NBM(Narrative Based Medicine)について知りたい薬剤師
  • レジリエンス(心が元に戻る力 )を鍛えたい薬剤師
講座を見る

講座の内容

第1部:患者さんとぶつからないコミュニケーションを考える

相手の気持ちを言葉のままに受け取ってよいのでしょうか?患者の訴えの真意をくみ取り、正確に問題を捉えるために必要な事項について理解します。

  • 対話の基本的構造
  • 問題の捉え方と種類:発生型と設定型
  • 「脳内ルール」とは?
  • EBMとNBM
  • 薬剤師の知識を患者へ有効に伝えるためのナラティブ力
第1部イメージ

第2部:主体性のあるコミュニケーション

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

進藤まゆみの画像

進藤まゆみ

※進藤まゆみ(仮名)です。
病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年を薬剤師として勤務。現在は九州の総合病院(100~150床規模)で調剤業務、薬剤管理指導業務(服薬指導)を担当している。大規模病院の門前薬局や総合病院での勤務経験より,幅広い診療科およびその処方薬に対する知識の必要性を感じている。
普段は、「業務上で発生した問題・疑問を解決するための書籍・ネットでの検索」、「薬剤師会や製薬会社などが開催する勉強会への参加」で学習中。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師スキルアップナビゲート

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード