1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師スキルアップナビゲート
  4. どう実践する?地域、在宅医療で求められる薬剤師になるためのステップ

薬剤師スキルアップナビゲート

どう実践する?地域、在宅医療で求められる薬剤師になるためのステップ

病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年の薬剤師経験をお持ちの進藤まゆみ(仮名)さんに、「薬剤師専用e-ラーニング<m3ラーニング>」を体験いただきました。

今回の講座
『地域包括ケアシステムにおける薬局薬剤師の役割』

地域包括ケアシステムの要である在宅医療において、医師をはじめとする連携多職種が薬剤師の職能を活かした役割に大きな期待を寄せています。

地域包括ケアシステムにおける薬局薬剤師の役割
講座で学べること

・地域包括ケアシステムの中で求められる薬局・薬剤師の役割について理解できるようになる
・在宅医療において連携多職種が薬局・薬剤師に期待している具体的な役割について理解できるようになる
「入院→退院・在宅医療への移行→看取り」の流れを把握することができるようになる
患者様や連携多職種に対し訪問薬剤管理指導に必要な事前確認ができるようになる
・訪問薬剤管理指導での具体的な確認点や必要な作成文書について分かるようになる
・診療報酬改定に示された今後求められる薬剤師像について読み解くことができるようになる

受講をおすすめしたい薬剤師イメージ

在宅医療に関わり始めたばかりでもう少し知識を深めたいと考えている薬剤師
在宅医療において他職種が薬剤師に求めている役割を把握したい薬剤師
主な介護サービスや介護関連カンファレンスについて知りたい薬剤師
・診療報酬改定に込められた行政の方針を理解したい薬剤師

講座の内容

第1部:地域が抱える課題と薬局薬剤師に求められる役割

地域包括ケアシステムの構築における現場での具体的問題点から、薬局勤務の薬剤師(薬局薬剤師)に求められている役割について学びます。

・2025年の日本が抱える医療・介護問題と地域包括ケアシステム
・濃厚な医療が必要な患者様の受け入れでの問題点(在宅緩和ケア)
・在宅医療において薬局薬剤師のできること
(院外処方可能な注射薬・特定保健医療材料、衛生材料、在宅医療機器などについて)
・入院から在宅医療移行における多職種連携とその中での薬剤師の役割
・地域の在宅医療現場が求める薬局薬剤師の役割と地域支援体制加算

第1部:地域が抱える課題と薬局薬剤師に求められる役割

第2部:薬剤師の価値を高めるコミュニケーションのポイント

在宅医療に携わる際に必要な医療・介護の知識を習得しつつ、実践的な流れで訪問薬剤管理指導業務とそれにおける多職種連携について学びます。

・退院時共同指導
・介護保険と主な介護サービス
・訪問薬剤管理指導の実際
 事前調整(患者様・家族および各連携先への具体的な実施前確認事項)
 訪問薬剤業務(計画書作成→訪問薬剤管理指導→報告書作成)
・在宅医療関連カンファレンス(サービス担当者会議、デスカンファレンス)
・多職種と薬剤師の連携
(看護・介護現場での薬に関する問題とそこで期待される薬剤師の役割)

第2部:在宅医療の実践~退院時共同指導、多職種連携、在宅医療の基礎~

第3部:平成30年度調剤報酬改定で示されたこれからの方向性とその実践

平成30年度診療報酬改定で示された方向性を理解することで、今後求められる薬局薬剤師の役割について学びます。

・平成30年度診療報酬改定の概要
・かかりつけ薬剤師・薬局が持つべき3つの機能(『患者のための薬局ビジョン』)
・ポリファーマシーの現状と医療報酬から見る薬剤師の介入推進
・求められる調剤後のフォローと医師へのフィードバック(「サポートコール」事例)
・患者様も求めるかかりつけ薬剤師(「対物業務」から「対人業務」へ)
・無菌調剤処理加算と乳幼児加算(在宅患者訪問薬剤管理指導料)
・医科診療報酬と答申書付帯意見から推測される薬局・薬剤師の未来

第3部:平成30年度調剤報酬改定で示されたこれからの方向性とその実践

【無料サンプル動画あり】 講座を見る >

受講後の感想

具体的な多職種との関わり、在宅医療の問題点とそれに対する薬剤師の役割など、在宅業務において理解しておきたいことが経時的にとても分かりやすく説明されていました。在宅業務に携わっていた頃にこの講座を見たかったとお世辞抜きで思いました。これから在宅医療業務を始める人だけでなく、以前の私のように「業務命令でとりあえず始めたけど…」という方に,特に良いと思います。

・薬剤師として働いてきた中で、他職種から具体的に職能を求められた経験がほぼありませんでした。在宅医療の現場で多職種の方々が直面する薬に関する問題の解決のため、薬剤師の職能に期待を寄せているという内容が大変印象的でした。

・これまで「報酬改定」に関して「点数が変わったのね」くらいの意識しかありませんでした。点数の「増」、「減」、「新設」、「削除」―使われる言葉に行政側の今後のビジョンが示唆されているということを初めて明確に理解できた気がします。

プロフィール

進藤まゆみ(仮名)

病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年を薬剤師として勤務。現在は九州の総合病院(100~150床規模)で調剤業務、薬剤管理指導業務(服薬指導)を担当している。大規模病院の門前薬局や総合病院での勤務経験より,幅広い診療科およびその処方薬に対する知識の必要性を感じている。
普段は、「業務上で発生した問題・疑問を解決するための書籍・ネットでの検索」、「薬剤師会や製薬会社などが開催する勉強会への参加」で学習中。

【無料サンプル動画あり】 講座を見る >

キーワード一覧:

更新日: 2018年7月13日

続きを読む(会員登録する) »

新着一覧

薬剤師の先生におすすめのm3.comサービス

薬剤師の限定サービスをご利用いただくには、 薬剤師プロフィールの登録 が必要です。

MR君

MR君

最新の医療情報・医薬品情報が届きます。

薬剤師掲示板

薬剤師掲示板

仕事の悩みやフリートークなど全国の薬剤師が集うコミニティ。

DI Station

薬剤評価 DI Station

薬剤師と医師限定。薬のクチコミや5段階評価が見られます。

16万人以上の薬剤師が登録する日本最大の医療従事者専用サイト

    • m3.com
       ご利用はすべて無料!
    • 最新医療ニュースやコラム、薬のクチコミ情報など、薬剤師・医師のための情報が集まっています。
    • 《人気記事の一部を紹介》
      ・服薬指導のコツ
      ・薬剤師のためのリーダー論
      ・都道府県別薬剤師年収ランキング
    • ご利用でポイントも貯まります!

m3.comを検索

注目キーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする