1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師スキルアップナビゲート
  4. 薬剤師が知っておきたい「輸液と全身管理」

薬剤師スキルアップナビゲート

薬剤師が知っておきたい「輸液と全身管理」

病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年の薬剤師経験をお持ちの進藤まゆみ(仮名)さんに、「薬剤師専用e-ラーニング<m3ラーニング>」を体験いただきました。

今回の講座
『輸液から学ぶ全身管理』

病院薬剤師はもちろん、在宅医療の進展とともに薬局薬剤師も輸液に関する知識やその関連事項の理解が必要になりつつあります。

輸液から学ぶ全身管理
講座で学べること

輸液の目的、処方設計の基本について学ぶことができる
血液循環と水分管理における心臓、肺、腎臓の連携について理解できるようになる
・血液ガスをはじめとする検査値やバイタルサインから患者様の状態を推測できるようになる

受講をおすすめしたい薬剤師イメージ

初めて輸液を取り扱う薬剤師
輸液に関する理解をもう少し深めたい薬剤師
NST活動に関わる予定の薬剤師
・救急医療での全身管理や薬剤師の関わりについて知りたい薬剤師

講座の内容

第1部:輸液から考える『心臓』

輸液について学ぶにあたり理解しておきたい基本事項について確認します。
・体液の区分と水バランス
・NPC/N比とその計算方法
・浸透圧と水分管理
・開始液と維持液の違い
・アルブミンの役割

第1部:輸液から考える『心臓』

第2部:輸液から考える『肺』

「輸液を理解すること」=「体の働きを理解すること」です。要となる3つの臓器のうち「心臓」と「肺」について学びます。
・輸液の目的
・心臓の役割と生理機能(Forrester分類、肺循環と体循環、前負荷と後負荷)
・輸液速度と関連材料(注射針、点滴セット)
・サードスペースとリフィリング現象
・肺の役割と生理機能(肺気量、拡散障害、サクション、SaO2とPaO2)

第2部:輸液から考える『肺』

第3部:輸液から考える『腎臓』

輸液を理解する要となる3つの臓器のうち「腎臓」の役割について学びつつ、症例によるワークから血液ガスの読み解き方を習得します。
・尿量に対する考え方
・血液ガスとpHの関係
・代償性の評価
・アニオンギャップと補正HCO3-
・血液ガス(血ガス)の評価
・メイロン(R)の使い方とBase Excess(BE)

第3部:輸液から考える『腎臓』

【無料サンプル動画あり】 講座を見る >

受講後の感想

医師任せになってしまいがち

キーワード一覧:

更新日: 2018年8月31日

続きを読む(会員登録する) »

新着一覧

薬剤師の先生におすすめのm3.comサービス

薬剤師の限定サービスをご利用いただくには、 薬剤師プロフィールの登録 が必要です。

MR君

MR君

最新の医療情報・医薬品情報が届きます。

薬剤師掲示板

薬剤師掲示板

仕事の悩みやフリートークなど全国の薬剤師が集うコミニティ。

DI Station

薬剤評価 DI Station

薬剤師と医師限定。薬のクチコミや5段階評価が見られます。

16万人以上の薬剤師が登録する日本最大の医療従事者専用サイト

    • m3.com
       ご利用はすべて無料!
    • 最新医療ニュースやコラム、薬のクチコミ情報など、薬剤師・医師のための情報が集まっています。
    • 《人気記事の一部を紹介》
      ・服薬指導のコツ
      ・薬剤師のためのリーダー論
      ・都道府県別薬剤師年収ランキング
    • ご利用でポイントも貯まります!

m3.comを検索

注目キーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする