1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師スキルアップナビゲート
  4. ポリファーマシーへのエビデンス活用法

薬剤師スキルアップナビゲート

ポリファーマシーへのエビデンス活用法

病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年の薬剤師経験をお持ちの進藤まゆみ(仮名)さんに、「薬剤師専用e-ラーニング<m3ラーニング>」を体験いただきました。

今回の講座
『みんなで考えるポリファーマシー』

近年、注目されるようになったポリファーマシー。エビデンスを活用した処方薬の評価やそれに伴う処方提案は多職種連携の中で薬剤師に期待されている職能の最たるものです。

みんなで考えるポリファーマシー
講座で学べること

高齢者に対する薬物治療での問題点について学ぶことができる
ポリファーマシーをめぐる問題点や関連事項を理解できるようになる
臨床研究結果を理解しエビデンスとして活用できるようになる
処方薬の適切性について評価できるようになる
処方提案のコツがわかるようになる

受講をおすすめしたい薬剤師イメージ

高齢患者の多い病院・薬局に勤務する薬剤師
ポリファーマシー解消に貢献したい薬剤師
・臨床研究結果の読解に苦手意識のある薬剤師
・「服用薬剤調整支援料」「薬剤総合評価調整加算」などの算定に取り組んでいる薬剤師

【無料サンプル動画あり】 講座を見る >【6日間限定】3,000円→1,000円キャンペーン実施中

講座の内容

第1部:高齢者薬物療法の基本的な考え方

高齢患者にその処方薬は本当に必要なのか?その評価を行うために必要なエビデンスとなる臨床研究の見かたについて復習します。
・加齢とともに変化していく薬の役割(予防的薬剤、対症的薬剤)
・残された余命に対するベネフィットの評価(EBMのための5ステップ)
・臨床研究の研究デザインとその特徴(内的妥当性、外的妥当性)
  ランダム化比較試験
  コホート研究(前向き、後ろ向き)
  症例対照研究
  メタ分析(システマティックレビュー)
・研究結果の見かた
  相対指標と絶対指標
  NNTの算出とその意味
  95%信頼区間とは?
  統計学的仮説検定とP値
  「真のアウトカム」の見極め

第1部:高齢者薬物療法の基本的な考え方

第2部:高齢者のポリファーマシー その考え方、向き合い方(基礎編)

実際の臨床研究結果よりポリファーマシーをめぐる問題への理解を深め、処方薬の適切性を評価するための方法について学びます。
・“クスリのリスク”と処方カスケード
・服用方法の複雑性の定量化(MRCI)
・PIMsとは?
・加齢に伴うマルチモビディティ
・処方薬の適切性に対する評価基準(クライテリア)とその限界
・Deprescribingという概念

第2部:高齢者のポリファーマシー その考え方、向き合い方(基礎編)

第3部:高齢者のポリファーマシー その考え方、向き合い方(実践編)

症例を用いて処方薬の評価を実際に行いつつ、高齢者に対してよくある処方の具体的な問題点を掘り下げていきます。また、その後に続く処方提案のポイントについても学びます。
・高齢者に対する処方の具体的な評価
  厳格な血糖コントロールの必要性
  侮れないスルピリドの有害事象
  PPIによる認知症リスク
  様々な効果指標で見るスタチンの心血管疾患予防効果
  その有害事象は本当にBZDだけが原因なのか?
・ポリファーマシーとアンダーユーズ
・真のEBMを踏まえた処方提案

第3部:高齢者のポリファーマシー その考え方、向き合い方(実践編)

【無料サンプル動画あり】 講座を見る >【6日間限定】3,000円→1,000円キャンペーン実施中

受講後の感想

・青島先生と同じく「死ぬまで薬を飲み続けるのか」と患者さんに問われたことがあります。本講座で学んだ“エビデンスを活用した処方薬の適切性評価”を身につけることで、患者さんがより納得できる回答や対応ができるようになると思いました。

処方薬の評価に必要なエビデンスとなる臨床研究の見方”に関する解説は、臨床統計学があまり得意ではなかった私にとって大変勉強になりました。医薬品の試験結果をMRさんの説明通りに捉えがちだったのですが、今後は自分なりに掘り下げて考えることが出来そうです。

・ポリファーマシーをめぐる問題について、それぞれの問題のエビデンス、関連用語や概念なども詳細に説明されており大変わかりやすかったです。

・以前の勤務先のポリファーマシーに造詣のあるDr.がよく高齢患者さんの持参薬スタチンを切っていたのですが、そのエビデンス(と思われるもの)が紹介されていました。これ以外にも高齢者に対する臨床研究結果が豊富に示されており参考になりました。

プロフィール

進藤まゆみ(仮名)

病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年を薬剤師として勤務。現在は九州の総合病院(100~150床規模)で調剤業務、薬剤管理指導業務(服薬指導)を担当している。大規模病院の門前薬局や総合病院での勤務経験より,幅広い診療科およびその処方薬に対する知識の必要性を感じている。
普段は、「業務上で発生した問題・疑問を解決するための書籍・ネットでの検索」、「薬剤師会や製薬会社などが開催する勉強会への参加」で学習中。

【無料サンプル動画あり】 講座を見る >【6日間限定】2,430円→500円キャンペーン実施中

更新日: 2018年12月14日

続きを読む(会員登録する) »

新着一覧

薬剤師の先生におすすめのm3.comサービス

薬剤師の限定サービスをご利用いただくには、 薬剤師プロフィールの登録 が必要です。

MR君

MR君

最新の医療情報・医薬品情報が届きます。

薬剤師掲示板

薬剤師掲示板

仕事の悩みやフリートークなど全国の薬剤師が集うコミニティ。

DI Station

薬剤評価 DI Station

薬剤師と医師限定。薬のクチコミや5段階評価が見られます。

16万人以上の薬剤師が登録する日本最大の医療従事者専用サイト

    • m3.com
       ご利用はすべて無料!
    • 最新医療ニュースやコラム、薬のクチコミ情報など、薬剤師・医師のための情報が集まっています。
    • 《人気記事の一部を紹介》
      ・服薬指導のコツ
      ・薬剤師のためのリーダー論
      ・都道府県別薬剤師年収ランキング
    • ご利用でポイントも貯まります!

m3.comを検索

注目キーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする