• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師スキルアップナビゲート
  4. 薬剤師が押さえておきたい「精神疾患の基礎」

薬剤師スキルアップナビゲート

更新日: 2019年1月18日

薬剤師が押さえておきたい「精神疾患の基礎」

薬剤師が押さえておきたい「精神疾患の基礎」の画像

病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年の薬剤師経験をお持ちの進藤まゆみ(仮名)さんに、「薬剤師専用e-ラーニング<m3ラーニング>」を体験いただきました。

今回の講座
『心の病気を知ろう!人に教えたくなる精神疾患』

薬剤師が押さえておきたい「精神疾患の基礎」『心の病気を知ろう!人に教えたくなる精神疾患』ポイントの画像1

精神疾患の外来患者数は近年大幅に増加しており(※)、他科医療機関、調剤薬局やドラッグストアでも精神疾患を有する患者さんと接する機会が増えました。精神疾患の基本的事項を押さておくことで、より適切な対応が可能となります。
※厚生労働省「第1回これからの精神保健医療福祉のあり方に関する検討会」資料

薬剤師が押さえておきたい「精神疾患の基礎」『心の病気を知ろう!人に教えたくなる精神疾患』の画像

薬剤師が押さえておきたい「精神疾患の基礎」『心の病気を知ろう!人に教えたくなる精神疾患』ポイントの画像2講座で学べること

精神疾患全般の概要を理解できるようになる
気分障害と統合失調症の症状、生理学的要因、治療薬などについて学ぶことができる
神経症、心身症や依存症といった主な精神疾患の特徴や治療法について学ぶことができる
ICD-10、DSM-5について知ることができる

『心の病気を知ろう!人に教えたくなる精神疾患』薬剤師が押さえておきたい「精神疾患の基礎」『心の病気を知ろう!人に教えたくなる精神疾患』ポイントの画像3受講をおすすめしたい薬剤師イメージ

精神科病院・診療所やその門前薬局で働く予定のある薬剤師
主な精神疾患について復習・再確認したいと思っている薬剤師
精神疾患に使用する中枢神経系薬に苦手意識のある薬剤師

【無料サンプル動画あり】 講座を見る >

講座の内容

第1部:精神疾患について 概論、〈気分障害〉うつ病性障害、双極性障害

精神疾患全体について包括的に理解した後、かつては「躁うつ病」「感情障害」と言われていた気分障害の概要とその治療薬について学びます。

・精神疾患の概念と分類(器質性/機能性、心因性/外因性/内因性)
・気分障害

分類:うつ病性障害、双極性障害

成因:病前性格、生理学的要因(モノアミン仮説、受容体仮説、視床下部-下垂体-副腎皮質系の障害)

・症状

・検査・診断・治療
治療薬の特徴と副作用:三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSA、気分安定薬

第1部:精神疾患について 概論、〈気分障害〉うつ病性障害、双極性障害の画像

第2部:統合失調症

100人に約1人の割合で罹患が確認される統合失調症の概要とその治療薬について学びます。

・統合失調症

分類:単純型、破瓜型、緊張型、妄想型

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

※現在、ソーシャルログイン機能を停止しております。
ご迷惑をお掛けしますが、新規会員登録の上、ご利用ください。

進藤まゆみの画像

進藤まゆみ

※進藤まゆみ(仮名)です。
病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年を薬剤師として勤務。現在は九州の総合病院(100~150床規模)で調剤業務、薬剤管理指導業務(服薬指導)を担当している。大規模病院の門前薬局や総合病院での勤務経験より,幅広い診療科およびその処方薬に対する知識の必要性を感じている。
普段は、「業務上で発生した問題・疑問を解決するための書籍・ネットでの検索」、「薬剤師会や製薬会社などが開催する勉強会への参加」で学習中。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師スキルアップナビゲート

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

書籍プレゼントキャンペーン