1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師スキルアップナビゲート
  4. 薬剤の選択方法がわかる!糖尿病治療の薬剤師の役割

薬剤師スキルアップナビゲート

薬剤の選択方法がわかる!糖尿病治療の薬剤師の役割

病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年の薬剤師経験をお持ちの進藤まゆみ(仮名)さんに、「薬剤師専用e-ラーニング<m3ラーニング>」を体験いただきました。

今回の講座
『糖尿病を知ろう!人に教えたくなる糖尿病講座』

生活習慣病の代表格である糖尿病は治療と予防の両観点から薬剤師が積極的に関わるべき疾患のひとつです。より良い指導のためには基礎的なことはもちろん、続々と発表される新薬や新エビデンスについても理解を深めていく必要があります。

糖尿病を知ろう!人に教えたくなる糖尿病講座
講座で学べること

糖尿病の病態生理や基本事項について生化学、内分泌学も含めた復習ができる
糖尿病の急性期・慢性期の合併症について理解し服薬指導に活用できるようになる
糖尿病治療薬の分類とその作用機序および選択方法について学ぶことができる
糖尿病に関連する最新エビデンスを把握できる

受講をおすすめしたい薬剤師イメージ

調剤薬局や病院・診療所で糖尿病患者への服薬指導や患者教室を行う薬剤師
ドラッグストアや薬局で生活習慣病に関する健康相談に対応する薬剤師
糖尿病の基礎から最新エビデンスまでまとめて学習したい薬剤師
糖尿病療養指導士(※)を目指して勉強を始めようとしている薬剤師
※本講座の受講で申請できる単位は、薬剤師生涯研修認定制度 認定薬剤師研修単位です。日本糖尿病療養指導士(CDEJ)、地域糖尿病療養指導士(LCDE)の認定単位としては使用できませんのでご了承ください。(m3ラーニング事務局)

【無料サンプル動画あり】 講座を見る >【6日間限定】3,000円→1,000円キャンペーン実施中

講座の内容

第1部:糖尿病を理解するための序論

糖尿病について学習するために必要な生化学・内分泌学的な知識を確認した後、それと関連づけながら糖尿病という疾患およびその治療薬の基礎について復習します。

・糖質代謝の基礎:解糖系、TCA回路、電子伝達系

・ホルモンの基礎:膵島ホルモン、インスリンの作用機序

・糖尿病の病態生理:1型と2型、症状の発生機序、微小血管症と大血管症

・糖尿病の診断基準および治療法

・糖尿病治療薬とその作用機序

第1部:糖尿病を理解するための序論

第2部:糖尿病の急性期・慢性期合併症

糖尿病の合併症とその病態や治療のポイントなどについて急性期と慢性期に分けて学習します。

・糖尿病患者における意識障害の鑑別診断

低血糖:無自覚性低血糖、自動車運転時の注意、薬物による低血糖

糖尿病ケトアシドーシス(DKA):SGLT2阻害薬によるDKA、ペットボトル症候群

高浸透圧高血糖症候群(HHS)

乳酸アシドーシス

・1型糖尿病について:劇症型と急性発症型の違い、免疫チェックポイント阻害薬との関連性
・微小血管障害「しめじ」:糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症
・大血管障害「えのき」:壊疽、脳梗塞、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)
・治療と日常生活の留意点:糖尿病治療で重要な「ABCDE」、糖尿病コントロールの「ABC」)
第2部:糖尿病の急性期・慢性期合併症

第3部:2型糖尿病 最新のエビデンスに基づく薬物療法

実臨床、日本のガイドラインや欧米の最新エビデンスより2型糖尿病における薬物治療のポイントについて理解を深めます。

・インスリン導入を阻む4つの「嫌」(詳細は第2部で解説)
・厳格な血糖管理と心血管イベントの関係
・SU剤の位置づけの変遷と現在の第一選択薬
・インクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬、DPP-4阻害薬)選択のポイント
・SGLT2阻害薬のエビデンス
・薬剤選択のアルゴリズム
・糖尿病とがん

また、「利尿薬服用患者に対するSGLT2阻害薬選択の際の注意点は?」「ビグアナイト系の効果判定・増量・併用のタイミングは?」など、糖尿病の薬物治療に関連する具体的な疑問について解説されています。

第3部:2型糖尿病 最新のエビデンスに基づく薬物療法

【無料サンプル動画あり】 講座を見る >【6日間限定】3,000円→1,000円キャンペーン実施中

受講後の感想

近年使用されるようになったインクレチン関連薬、SGLT2阻害薬のポイント、進行中の大規模臨床試験のまとめ、米国糖尿病学会/欧州糖尿病学会のコンセンサスレポート2018など新しい情報がとても豊富でした。また、同じ作用機序の薬剤の選択方法や日本のガイドラインでは明記されていない薬剤の選択順位についても具体的に述べられており大変勉強になりました。

糖尿病の病態生理、合併症、治療薬の作用機序と主な副作用に関しても体系的に基礎からまとめられているので、糖尿病関連事項に苦手意識がある方や基礎から復習したい方にも適している講座だと思いました。

第2部では(劇症)1型糖尿病や糖尿病性昏睡ついても詳細に述べられており、急性期の治療に直接かかわる機会はあまりないにしても、早期発見・予防やその指導という観点から原因や病態をきちんと把握しておく必要があることを再認識することができました。

プロフィール

進藤まゆみ(仮名)

病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年を薬剤師として勤務。現在は九州の総合病院(100~150床規模)で調剤業務、薬剤管理指導業務(服薬指導)を担当している。大規模病院の門前薬局や総合病院での勤務経験より,幅広い診療科およびその処方薬に対する知識の必要性を感じている。
普段は、「業務上で発生した問題・疑問を解決するための書籍・ネットでの検索」、「薬剤師会や製薬会社などが開催する勉強会への参加」で学習中。

【無料サンプル動画あり】 講座を見る >【6日間限定】3,000円→1,000円キャンペーン実施中

更新日: 2019年03月15日

続きを読む(会員登録する) »

新着一覧

薬剤師の先生におすすめのm3.comサービス

薬剤師の限定サービスをご利用いただくには、 薬剤師プロフィールの登録 が必要です。

MR君

MR君

最新の医療情報・医薬品情報が届きます。

薬剤師掲示板

薬剤師掲示板

仕事の悩みやフリートークなど全国の薬剤師が集うコミニティ。

DI Station

薬剤評価 DI Station

薬剤師と医師限定。薬のクチコミや5段階評価が見られます。

16万人以上の薬剤師が登録する日本最大の医療従事者専用サイト

    • m3.com
       ご利用はすべて無料!
    • 最新医療ニュースやコラム、薬のクチコミ情報など、薬剤師・医師のための情報が集まっています。
    • 《人気記事の一部を紹介》
      ・服薬指導のコツ
      ・薬剤師のためのリーダー論
      ・都道府県別薬剤師年収ランキング
    • ご利用でポイントも貯まります!

m3.comを検索

注目キーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする