1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師スキルアップナビゲート
  4. 適応外でも焦らない!小児薬物療法の基本

薬剤師スキルアップナビゲート

適応外でも焦らない!小児薬物療法の基本

病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年の薬剤師経験をお持ちの進藤まゆみ(仮名)さんに、「薬剤師専用e-ラーニング<m3ラーニング>」を体験いただきました。

今回の講座
『小児のくすりを知ろう!人に教えたくなる小児薬物療法』

成人と異なる特性をもつ小児への薬物療法では、特有の知識や調剤スキルが必要となります。あらかじめ基本事項をおさえておくことで、突然の小児科処方箋にも対応しやすくなります。

小児のくすりを知ろう!人に教えたくなる小児薬物療法
講座で学べること

小児薬物療法の特徴と問題点が分かるようになる
小児特有の身体形態・機能や薬物動態について理解できるようになる
小児特有の調剤方法や注意点について学ぶことができる
・小児薬物療法に関する知識や情報を得るための方法が分かるようになる

受講をおすすめしたい薬剤師イメージ

小児薬物療法に対する経験が少ない薬剤師
薬物療法における小児と成人の違いについて再確認したい薬剤師
小児薬物療法に関する情報収集方法を知りたい薬剤師
・小児薬物療法認定薬剤師の概要を把握したい薬剤師

 講座を見る >【6日間限定】3,000円→1,000円キャンペーン実施中!

講座の内容

第1部:小児薬物療法の特徴

小児をとりまく様々な環境を把握したうえで、小児薬物療法の特性を理解していきます。

・小児人口の推移と低出生体重児の割合

・DOHaD仮説

・何故小児科が存在するのか?(小児と成人の違い)

・小児薬物療法における問題点

Off-Label-Use(適応外使用)

小児剤形の不足

服薬コンプライアンス

第1部:小児薬物療法の特徴

第2部:小児特有のPK・PD

発達、発育過程である小児特有の薬物動態を確認し、それを考慮した薬物療法の情報収集について学びます。

・成人と異なる小児特有の薬物動態

吸収:経口、経皮、経直腸投与時の違い

分布:身体組成比率と結合蛋白率の違い

代謝:薬物代謝活性の違い

排泄:腎機能の違い

・小児特有の副作用

・適応外使用に関する情報の収集方法

第2部:小児特有のPK・PD

第3部:小児特有の調剤、制度

小児特有の調剤に対する注意点について学びます。また、小児薬物療法に必要な知識や情報を得るための制度やシステムについて認識を深めます。

・Acceptability(受入性)とPalatability(嗜好性)

・各剤形の特徴と注意点:散剤、水剤、錠剤

・小児特有の調剤の具体例:微量時の調剤・調製方法

・小児薬物療法認定薬剤師制度について

・小児薬物療法研究会メーリングリストの活用

第3部:小児特有の調剤、制度

 講座を見る >【6日間限定】3,000円→1,000円キャンペーン実施中!

受講後の感想

・小児特有の機能形態やADMEとそれに伴う注意事項が明記されており、薬物治療的に「こどもはおとなの縮図ではない」ことが分かりやすく説明されていると感じました。

・最近、小児の処方に携わる機会が増えたのですが、把握していなかった適応外使用がそこそこあり、エビデンスの確認に四苦八苦しておりました。本講座では、小児薬物療法の情報収集に有用なサイトや書籍が豊富に紹介されており、とても役に立ちました。

微量薬剤の賦形方法や各剤形の特性など、小児の処方を調剤する上で把握しておきたい基本事項が具体的に説明されており、これから小児薬物治療に携わる方や基本を再確認したい方にとって、特に有用だと思いました。

プロフィール

進藤まゆみ(仮名)

病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年を薬剤師として勤務。現在は九州の総合病院(100~150床規模)で調剤業務、薬剤管理指導業務(服薬指導)を担当している。大規模病院の門前薬局や総合病院での勤務経験より,幅広い診療科およびその処方薬に対する知識の必要性を感じている。
普段は、「業務上で発生した問題・疑問を解決するための書籍・ネットでの検索」、「薬剤師会や製薬会社などが開催する勉強会への参加」で学習中。

 講座を見る >【6日間限定】3,000円→1,000円キャンペーン実施中!

キーワード一覧:

更新日: 2019年4月19日

続きを読む(会員登録する) »

新着一覧

薬剤師の先生におすすめのm3.comサービス

薬剤師の限定サービスをご利用いただくには、 薬剤師プロフィールの登録 が必要です。

MR君

MR君

最新の医療情報・医薬品情報が届きます。

薬剤師掲示板

薬剤師掲示板

仕事の悩みやフリートークなど全国の薬剤師が集うコミニティ。

DI Station

薬剤評価 DI Station

薬剤師と医師限定。薬のクチコミや5段階評価が見られます。

16万人以上の薬剤師が登録する日本最大の医療従事者専用サイト

    • m3.com
       ご利用はすべて無料!
    • 最新医療ニュースやコラム、薬のクチコミ情報など、薬剤師・医師のための情報が集まっています。
    • 《人気記事の一部を紹介》
      ・服薬指導のコツ
      ・薬剤師のためのリーダー論
      ・都道府県別薬剤師年収ランキング
    • ご利用でポイントも貯まります!

m3.comを検索

注目キーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする