1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師スキルアップナビゲート
series_top_img

薬剤師スキルアップナビゲート

現役薬剤師さんが受けた、薬剤師専用eラーニング(m3ラーニング)の体験レポートをまとめています。

  • がん性皮膚潰瘍ケアにおける薬剤師の役割 06月14日
    乳癌によるがん性皮膚潰瘍は、ボディイメージの変容や悪臭などの臨床症状などから精神的な負荷も大きく、QOLの低下を招きやすい疾患のひとつです。がん性皮膚潰瘍臭改善薬を要とした薬剤師による介入で、症状を緩和しつつ、良好なQOLの維持につなげることができます。
  • 「EBM×服薬指導」で患者の問題を解決するには? 05月17日
    実務へ活用しにくいイメージのある臨床研究の情報も、EBMの手法を用いることで患者さんの問題を解決するのに役立てることができます。
  • 適応外でも焦らない!小児薬物療法の基本 04月19日
    成人と異なる特性をもつ小児への薬物療法では、特有の知識や調剤スキルが必要となります。あらかじめ基本事項をおさえておくことで、突然の小児科処方箋にも対応しやすくなります。
  • 薬剤の選択方法がわかる!糖尿病治療の薬剤師の役割 03月15日
    生活習慣病の代表格である糖尿病は治療と予防の両観点から薬剤師が積極的に関わるべき疾患のひとつです。より良い指導のためには基礎的なことはもちろん、続々と発表される新薬や新エビデンスについても理解を深めていく必要があります。
  • 服薬指導に役立つ!循環器病態生理学 02月15日
    日本人の死因第2位、死亡数も患者数も増加傾向の心疾患。2018年に公表された心不全診療ガイドラインでは予防に注力、チーム医療に関しても触れられており、循環器疾患の患者さんに薬剤師が関わる場面がますます増えてくると思われます。
  • 薬剤師が押さえておきたい「精神疾患の基礎」 01月18日
    精神疾患の外来患者数は近年大幅に増加しており、他科医療機関、調剤薬局やドラッグストアでも精神疾患を有する患者さんと接する機会が増えました。精神疾患の基本的事項を押さておくことで、より適切な対応が可能となります。
  • ポリファーマシーへのエビデンス活用法 12月14日
    近年、注目されるようになったポリファーマシー。エビデンスを活用した処方薬の評価やそれに伴う処方提案は多職種連携の中で薬剤師に期待されている職能の最たるものです。
  • 薬薬連携で支える「外来がん薬物療法」 11月09日
    2人に1人ががんに罹患し(※)、多くの患者さんが外来でがん化学療法を行う時代になりました。患者さんにも適切な治療を提供するため、がん治療の知識を持つ薬剤師による充実した薬薬連携が求められています。

16万人以上の薬剤師が登録する日本最大の医療従事者専用サイト

    • m3.com
       ご利用はすべて無料!
    • 最新医療ニュースやコラム、薬のクチコミ情報など、薬剤師・医師のための情報が集まっています。
    • 《人気記事の一部を紹介》
      ・服薬指導のコツ
      ・薬剤師のためのリーダー論
      ・都道府県別薬剤師年収ランキング
    • ご利用でポイントも貯まります!

m3.comを検索

注目キーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする