• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師のいまを知るトピックまとめ
  4. 薬剤師が作ったドーピング防止ゲームって?

薬剤師のいまを知るトピックまとめ

更新日: 2020年12月9日

スポーツファーマシストが作ったドーピング防止ゲームで遊んでみた!

薬剤師のいまを知るトピックまとめメインの画像

アスリートが禁止薬物を摂取して運動機能を向上させる「ドーピング」ですが、日本で一番多いのは、禁止物質を含んだ風邪薬やサプリを知らずに飲んでしまう「うっかりドーピング」です。その危険性を啓発しながら楽しく学べるうっかりドーピングゲーム『ドーピングガーディアン』を、薬剤師さんが作った!という情報を受けて早速Amazonで購入し、編集部で遊んでみました。

薬剤師のいまを知るトピックまとめの画像

ドーピング違反を擬似体験できるカードゲーム「ドーピングガーディアン」

覚えやすい簡単なルール

プレイヤーはアスリートになって、大会で優勝を目指します。トレーニングカードで体を鍛え、サプリやゼリーカードで効果を上げてポイントを高めます。ゲーム終了時に最も合計得点が高い人が優勝です!
山札には病気やケガのカードも含まれており、これを引くとせっかくのトレーニングポイントがマイナスされてしまうので、薬カードで治していきます。ゲームが終わった後にあらかじめ伏せておいたドーピングカードが開かれると、その中にあった薬カードがドーピング指定薬に! ドーピングに指定薬と知らずに使用したとしても、その薬を使った人は、ゲーム終了時に問答無用で失格となるのです!

薬剤師のいまを知るトピックまとめの画像

真ん中に伏せられている5枚のカードがドーピング指定薬物

ゲームのポイントは薬剤師

ゲームの途中でドーピングカードを2枚だけ確認できるのが薬剤師を模した「ドーピングガーディアン」のカード!薬剤師さんに相談すれば、ドーピングが防げるのは現実世界と同じですね。

短時間でコミュニケーションをとりながら学ぶ

1ゲームはたった15分程度。最近は在宅ワークでZoomミーティングでしか顔を合わせない仕事仲間と、ワイワイいいながらゲームをするのは新鮮な感覚です。ドーピングに引っ掛からないように、攻めの姿勢が少ないのは、本当のアスリートじゃないからか、仕事柄なのか、3ゲームやってドーピング失格になったのは0名でした!(優秀!?)

薬剤師のいまを知るトピックまとめの画像

ドーピングはしなかったが故障が多い編集部アスリートたち

遊んでみた編集部員の感想は……

編集部Oさん

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師のいまを知るトピックまとめ

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード