服薬指導にも生かせる「中医学から見る疾患」

更新日: 2022年10月2日

「糖尿病」中医学からみるとどうなるの?

メインの画像1

西洋医学から見た糖尿病

近年、糖尿病の患者数は日本のみならず世界的に増えてきているといわれています。日本でも、糖尿病有病者、予備軍を併せて約2000万人いるとも言われており、国が定める重要疾患の一つとされています。糖尿病患者の増加が問題視されている背景には生活習慣の欧米化が叫ばれて久しいですが、一度発症すると治癒は難しいこと、社会の高齢化などもその要因に関係していると思われます。

糖尿病の治療薬は数多くあり、インスリン抵抗性改善系のもの、インスリン分泌促進系のもの、糖吸収や排泄調整系のものなど様々な種類があります。また、これらの薬を一つの薬にした配合薬などもあわせると様々な選択肢があるといえるでしょう。

中医学から見た糖尿病

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

河本 ちかこの画像

河本 ちかこ
かわもと ちかこ

薬科大学を卒業後外資系企業にてMR、新製品企画部にて勤務。その後、企業の経営を学ぶべく大学院でMBAを取得する。MBA取得後は医薬品業界の市場分析などを執筆する傍ら薬膳アドバイザー、食育インストラクターなどの資格を取得。健康な体は日々の食事からをモットーに、現在は薬局薬剤師として勤務しながら中医学の見識を深めるために中国人医師のもとで勉学にいそしんでいる。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

服薬指導にも生かせる「中医学から見る疾患」

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 糖尿病 服薬指導 疑義照会 漢方 ライフ・雑学 医療クイズ 疾患・病態 失敗列伝 転職