• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 臨床論文で服薬指導をアップデート!
  4. 『フォシーガ』の適応追加、心不全患者に使う際に気をつけたいところは?

臨床論文で服薬指導をアップデート!

更新日: 2021年1月30日

『フォシーガ』の適応追加、心不全患者に使う際に気をつけたいところは?

臨床論文で服薬指導をアップデート!の画像

患者さんの質問に対して、回答に困ったことはありませんか? このシリーズでは臨床論文から得た知識を活用し、より説得力のある服薬指導をめざします。
実際の服薬指導のシーンを想定した会話形式で紹介します。

今回の論文

N Engl J Med . 2019 Nov 21;381(21):1995-2008. PMID: 31535829
内容:左室駆出率が40%以下の心不全患者に対する「ダパグリフロジン」は、糖尿病の有無にかかわらず、心血管死や心不全悪化を抑制すると示された研究。


ポイント

point有効性・安全性が示された臨床試験の患者背景(例:前治療や病態、年齢、体格)を把握しておく
point過去には、臨床試験の結果を拡大解釈したことで、副作用がたくさん起きた事例もある
point糖尿病でない患者さんは「低血糖」と言われてもピンと来ない可能性がある


「ダパグリフロジン」に心不全の適応が追加になりましたが、「どんな心不全にも安全で効果的」というわけではありません。どんな患者に、どんな点に気をつけながら使えば良いのか、薬剤師目線でのフォローが重要です。

患者

今日から新しい薬が増えると聞いたよ。この『フォシーガ』というの、心臓に良いんだってね。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

※現在、ソーシャルログイン機能を停止しております。
ご迷惑をお掛けしますが、新規会員登録の上、ご利用ください。

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

臨床論文で服薬指導をアップデート!

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード