薬歴ビフォーアフター~薬歴の悩み、解決します~

更新日: 2022年9月15日

複数処方だが、1種類のハイリスク薬のプロブレムを取り上げた薬歴の書き方

薬歴ビフォーアフターの画像1
お悩み

うちの薬局では、ハイリスク加算は基本的には必ず取るようにいわれています。今のところ個別指導で指摘されたことはないのですが、この薬歴で加算は取れるでしょうか。

(症例)
75歳 男性
10年前に救急車で運ばれて、心臓の手術をした。以後薬を飲み続けている。ここ2年ほどはこの処方が続いている。65歳まで大工として働いていて、10年前の手術を機会に引退。まだまだ元気なので、自分のうちの修繕や家具の修理などなんでも自分でやる。


〈処方〉
  Rp. アトルバスタチン錠10㎎   1錠
    ランソプラゾールOD錠15㎎ 1錠
                  分1 朝食後  28日分
  Rp. プラザキサカプセル75㎎ 4カプセル
                  分2 朝夕食後  28日分

〈処方〉
 Rp. アトルバスタチン錠10㎎ 1錠
   ランソプラゾールOD錠15㎎ 1錠
    分1 朝食後  28日分
 Rp. プラザキサカプセル75㎎
    4カプセル
    分2 朝夕食後  28日分

薬歴ビフォーアフターの画像

薬歴Before

#継続服用

S) 調子は良いよ。先生も「良い感じですね」って言ってた。
O) 副作用など特になし。
A) 継続服用。
P) そのまま続けてお飲みください。何かあったらすぐに受診してください。
薬歴ビフォーアフターの画像

ハイリスク薬の加算には特有の指導が必要

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

岡村 祐聡の画像

岡村 祐聡
おかむら まさとし

有限会社服薬ケア研究所所長。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業。
都内調剤薬局や調剤薬局チェーンの教育担当管理職を経て、1997年に『服薬ケア研究所』を設立。
「服薬ケア」理論を各地で提唱し続け、全国各地で開催される研修会や服薬セミナーなどでも精力的な活動を行っている。 2002年には、服薬ケアを学ぶ全国の有志で設立された「服薬ケア研究会」から要請を受け、会頭に就任。最新著書は「10日間で極意をつかむ選ばれるかかりつけ薬剤師になる 患者応対技術と服薬ケアコミュニケーション」(診断と治療社)。書籍の詳細は服薬ケア研究所のホームページを参照。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬歴ビフォーアフター~薬歴の悩み、解決します~

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 調剤報酬改定 do処方 服薬指導 ハイリスク薬 漢方 プロブレム 医療クイズ 診療報酬改定 SOAP