薬歴ビフォーアフター~薬歴の悩み、解決します~

更新日: 2022年11月3日

良かったことをプロブレムとした薬歴の書き方

薬歴ビフォーアフターの画像1
お悩み

前回の薬歴はHbA1cが上がったということで、その点をプロブレムとして取り上げましたが、今回本人の頑張りもあって、HbA1cが6台に戻りました。そのため今回は特に指導することがありませんでした。特に指導することがないときに薬歴に何をどう書けば良いのかわかりません。

(症例)
77歳 男性
これまで糖尿病予備軍ということで食事指導は受けていた。前回HbA1cが7.2だったため医師より「お薬飲む?」と言われて断った。大好きなお酒も絶って、さぼりがちだった運動(自宅に自転車こぎの機械がある)も毎日続け、ご飯もお茶碗半分で我慢し、野菜でおなかを一杯にするようにした。この2カ月頑張ってみたら、今回はHbA1cの値が6.7だった。


〈処方〉
Rp. ロスバスタチン錠5mg   1錠
  ネキシウムカプセル10mg  1Cap
  テルミサルタン錠40mg   1錠
  アムロジピン錠5mg    1錠
               分1 朝食後 60日分

〈処方〉
Rp. ロスバスタチン錠5mg   1錠
  ネキシウムカプセル10mg  1Cap
  テルミサルタン錠40mg   1錠
  アムロジピン錠5mg    1錠
  分1 朝食後 60日分

薬歴ビフォーアフターの画像

薬歴Before

# 前回7.2まであがったHbA1cが下がった。

S) 先生から「頑張ったね。そのまま続けて」と言われた。
O) HbA1cが前回7.2→今回6.7。
A) 2か月でHbA1cが下がった。
P) そのまま続けてください。
薬歴ビフォーアフターの画像

プロブレムとは着目点のことであり悪いことだけではない

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

岡村 祐聡の画像

岡村 祐聡
おかむら まさとし

有限会社服薬ケア研究所所長。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業。
都内調剤薬局や調剤薬局チェーンの教育担当管理職を経て、1997年に『服薬ケア研究所』を設立。
「服薬ケア」理論を各地で提唱し続け、全国各地で開催される研修会や服薬セミナーなどでも精力的な活動を行っている。 2002年には、服薬ケアを学ぶ全国の有志で設立された「服薬ケア研究会」から要請を受け、会頭に就任。最新著書は「10日間で極意をつかむ選ばれるかかりつけ薬剤師になる 患者応対技術と服薬ケアコミュニケーション」(診断と治療社)。書籍の詳細は服薬ケア研究所のホームページを参照。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬歴ビフォーアフター~薬歴の悩み、解決します~

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

調剤報酬改定 do処方 服薬指導 疑義照会 ハイリスク薬 業界動向 漢方 ライフ・雑学 プロブレム 医療クイズ