1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬歴ビフォーアフター~薬歴の悩み、解決します~
  4. 単なるSOAPではなく薬剤師としての務めを果たした薬歴を書こう

薬歴ビフォーアフター~薬歴の悩み、解決します~

更新日: 2024年4月11日 岡村 祐聡

単なるSOAPではなく薬剤師としての務めを果たした薬歴を書こう

単なるSOAPではなく薬剤師としての務めを果たした薬歴を書こうのメイン画像1
お悩み

今回、プロブレムがハッキリしていたので、SOAPでシッカリ書いてみました。自分としては自信作ですが、見てください。

(症例)
62歳 男性
いつも28日分のお薬を2カ月ほどかけて飲んでいます。


〈処方〉

Rp.カリジノゲナーゼ錠50単位   3錠    1日3回毎食後   28日分
Rp.アイミクス配合錠HD   1錠    1日1回朝食後   28日分
Rp. タムスロシン塩酸塩錠0.2㎎   1錠    1日2回夕食後   28日分
Rp.ロサルタンK錠25㎎   3錠    1日1回夕食後   28日分

〈処方〉
Rp.カリジノゲナーゼ錠50単位
  3錠 1日3回毎食後 28日分
Rp.アイミクス配合錠HD
  1錠 1日1回朝食後 28日分
Rp. タムスロシン塩酸塩錠0.2㎎
  2錠 1日2回夕食後 28日分
Rp.ロサルタンK錠25㎎
  1錠 1日1回夕食後 28日分

単なるSOAPではなく薬剤師としての務めを果たした薬歴を書こうの画像1

薬歴Before

プロブレム) 夜の血圧が良くても毎日血圧のお薬は服用をしましょう。
S) 今日は、朝受診をしたので血圧が170/あって、「毎日きちんと薬を飲んでください」と言われちゃったよ。
O) いつも1カ月分の薬を2カ月かけて飲んでいる。
いつも血圧は良いと言われていたが、夜だけ測っている数値であった。
朝は、血圧を測るといつも高いので測りたくない。「今後も夜しか血圧は測らない」と言っている。
ロサルタン錠は、朝の血圧が下がらないので夕食後の服用をしてみようと追加になった薬である。
A) 血圧は、夜の数値が良くても朝が良いとは限らない。以前から朝の血圧が高いし、実際に今日は170/あったのだから薬はしっかり継続した方が良い。
P) 先生のところで血圧が170/ありましたし、○○さんも朝、血圧を測ると高いから測らないということは、朝の血圧が高いと自覚されていると思います。
特に朝はまだ気温も低く寒い日が多いので先生のおっしゃるように毎日血圧のお薬は服用をしましょう。
単なるSOAPではなく薬剤師としての務めを果たした薬歴を書こうの画像2

これでは薬剤師の仕事はしていないのではないか?

「28日分の薬を2カ月かけて飲む」ことがわかっているのに、Pを見る限り、処方通りに服用するための指導はほとんど何もしていないですね。『朝は、血圧を測るといつも高いので測りたくない。「今後も夜しか血圧は測らない」と言っている』という話は聞き取っているのに、この問題を何とかしようとは思わなかったのでしょうか?

プロブレムが見つかったということは、その点を薬剤師としてなんとしても改善してもらわなければなりません。それなのに「プロブレム見つけました!」と記録だけして何もしないのならば、言葉は厳しいですが、薬剤師としての仕事はしていないうことになってしまいます。

圧倒的な情報不足です。患者さんと向き合いましょう

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

岡村 祐聡の画像

岡村 祐聡
おかむら まさとし

有限会社服薬ケア研究所所長。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業。
都内調剤薬局や調剤薬局チェーンの教育担当管理職を経て、1997年に『服薬ケア研究所』を設立。
「服薬ケア」理論を各地で提唱し続け、全国各地で開催される研修会や服薬セミナーなどでも精力的な活動を行っている。 2002年には、服薬ケアを学ぶ全国の有志で設立された「服薬ケア研究会」から要請を受け、会頭に就任。最新著書は「10日間で極意をつかむ選ばれるかかりつけ薬剤師になる 患者応対技術と服薬ケアコミュニケーション」(診断と治療社)。書籍の詳細は服薬ケア研究所のホームページを参照。

キーワード一覧

薬歴ビフォーアフター~薬歴の悩み、解決します~

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

アセスメント 医薬品情報・DI 調剤報酬改定 do処方 薬物療法・作用機序 服薬指導 ハイリスク薬 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学