• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 在宅医療における薬剤師の役割
  4. 【在宅医療】薬剤師が在宅医療に関わる障壁は何か|薬剤師の役割

在宅医療における薬剤師の役割

更新日: 2016年10月6日

第3回 薬剤師が在宅医療に関わる障壁は何か

 世界でも類を見ない超高齢社会に突入している日本。厚生労働省も在宅医療・介護を推進していますが、実際のところ、薬局、薬剤師の参加にはまだまだ高い障壁があると言わざるを得ません。緩和ケアを行う在宅専門薬局で実務を重ねる薬剤師 前田 桂吾氏がその問題点を綴ります。


薬剤師が在宅医療に関わる3つの障壁

 私は、在宅専門薬局という、薬局業界の中ではちょっと特殊な業務を行っています。そのためこれまでに、在宅医療に積極的に関わっている薬剤師をはじめ、これから関わりたい方、経営的に難しいと考えている方など、さまざまな薬剤師と意見交換をする機会がありました。今回は、そのような意見交換の中で私が感じてきた、「薬剤師が在宅医療に関わる3つの障壁」について書きたいと思います。

 それは、以下の3つです。
(1)1つの薬局ですべての医療依存度の在宅患者さんを支えることの難しさ(医療依存度によって特殊な薬剤(医療用麻薬や輸液など)や医療機器の常備が必要となる、外来との並立など)
(2)「自分の患者さんを安心して任せてもよい」と他の職種に思ってもらう難しさ
(3)薬剤師の意識にある人の死に関わることの恐怖心

1つ目の障壁は前回まで書いてきましたので(第2回 患者タイプによる2つの薬局の在り方と連携)、今回は2つ目と3つ目について触れたいと思います。

他職種を尊重し、従来の疑義照会から抜け出す

 従来の外来処方せんのやり取りにおける医師と薬剤師の関係では、どうしても薬学的な見解からの疑義照会にならざるを得ません。また、他の職種と関わらなくても薬局としての業務は完結できる状態だったのではないでしょうか。
 ですが在宅医療は「患者さんの生活そのものを支える」という観点でチームとして動いていることが多く、処方せんの内容だけでなく生活そのものまで俯瞰した上で、医師をはじめ他職種と情報のやり取りをする場面が多くなります。そういったチームの一員として薬剤師が認められ、関わっていくには、従来型の疑義照会の形から抜け

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

キーワード一覧

在宅医療における薬剤師の役割

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする