1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師の在宅医療のリアル~苦労とやりがい~
  4. “最後の晩餐”を「薬」にしないために何ができるか

薬剤師の在宅医療のリアル~苦労とやりがい~

更新日: 2022年11月8日

“最後の晩餐”を「薬」にしない、在宅薬剤師の奮闘

メインの画像1

私はこれまで1万7,000回を超える在宅訪問を実施してきました。その中で多くの出会い、学びそして気付きがありました。それらの中から、いくつかを抜粋して皆さんに共有します。在宅医療に興味を持ち、在宅医療の世界に挑戦しようと思う方が現れたら嬉しく思います。

主催した勉強会がきっかけで在宅医療に触れる

薬剤師の在宅医療のリアル ~苦労とやりがい~の画像

「死生観」への関心から在宅医療の見学へ

私は学生時代、「MiC(ミック)」「ノンテクユニバーシティ!」と言った学生団体を立ち上げて運営してきました。また、自分でも積極的に勉強会に参加し、多いときには2ヶ月で120回以上の勉強会に参加したこともあります。

そんなある日、「死生観」をテーマにした勉強会を主催し、在宅医療に携わる2人の医師をお招きしました。もともと死生観に強い関心があった私は、お招きした先生に「キューブラ・ロスの死の受容モデル」について質問しました。キューブラ・ロスのモデルでは死に対する認知を5段階に分けて捉えており、実際の在宅患者さんはどのように死を受容していくのかを知りたかったのです。

しかし、先生は「人の死はそんな簡単にモデルで片付けられるものではない。あっちにいったり、こっちにいったりと揺れ動く複雑なものだ」とお話になりました。私はこのとき、自分が知識偏重になっているとハッとさせられました。そして、もっと深く死生観について知りたくなりました。

勉強会終了後、先生から「一度私のクリニックに来てみなさい。在宅医療の現場を見せてあげよう」と声をかけていただきました。そこで、さっそく日程を調整して、先生のクリニックを訪問させていただきました。

終末期の奥深さに魅せられ、在宅医療への道を選択

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

山口 竜太の画像

山口 竜太
やまぐち りゅうた

株式会社ヘルスギルド 代表取締役
在宅医療に熱意を燃やす。1万7,000回を超える在宅訪問の経験から、妥協しない在宅医療の姿を目指す。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師の在宅医療のリアル~苦労とやりがい~

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

調剤 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学 医療クイズ ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント