1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師の在宅医療のリアル~苦労とやりがい~
  4. 個人在宅専門薬局から、患者さんに寄り添うチーム医療に取り組む

薬剤師の在宅医療のリアル~苦労とやりがい~

更新日: 2022年12月24日

個人在宅専門薬局から、患者さんに寄り添うチーム医療に取り組む

メインの画像1

MRから調剤薬局薬剤師への転身

薬剤師の在宅医療のリアル~苦労とやりがい~の画像

薬剤師として臨床経験がないままでいいのかという迷い

私が、薬剤師のキャリアをスタートしたのはMR職でした。能動的に動いて自分で仕事をつくることはやりがいがあり、ビジネスの基礎もここで身につけることができたように思います。

しかし数年が経ち、業界のことが見えてくるにつれて、「本当に薬剤師として臨床現場での勤務経験がないままでいいのか?」という迷いが生まれました。そして、漠然と「臨床現場にはもっとやりがいを感じられる仕事があるのではないか」と思ったのです。そんな時に今の会社の社長の竹中からの声かけもあって、薬局への転職を決めました。

転職後は薬局業務のほかデットストックの有効活用のシステムを開発したり、薬局での物販に関心のある企業とタイアップしてテストマーケットに関わったりと、MR時代に培ったスキルを生かしながら働くことができました。このような仕事を経験することによって、「固定概念に囚われない、個性のある薬局づくり」の楽しさを知りました。

個人在宅をもっと多くの薬剤師に経験してほしい

外来患者さんに対応する「保険調剤薬局」というビジネスモデルは秀逸だと思います。でも、外来患者さんの対応だけではこの先不十分ではないかと思い、本当に地域医療にとって自分が必要だと思うことをビジネスとして確立させたいと思うようになりました。そんな中、何店舗か薬局を経験する上で一番やりがいを感じたのが「個人在宅」でした。

患者さんのご自宅にうかがい、日常に入り込み患者さんと向き合うことは大変な部分もありますが、その分の感謝と他職種の方と関わることのやりがいを多く感じたからです。もっと多くの薬剤師に個人在宅を経験してほしいという思いもあり、個人在宅専門薬局を開設しました。

関係者と距離が近い、個人在宅ならではのやりがい

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

坪田留央依の画像

坪田留央依
つぼたるうい

現所属:株式会社バンブー薬局事業部 事業部長
2012年に北里大学薬学部を6年制第1期生として卒業後、外資系製薬企業にてMR職を経験し、2016年に株式会社バンブーに入社。現在は2017年に開局させた個人在宅特化の「竹の葉薬局三鷹新川店」の現場運営を中心に、多岐にわたる業務に携わっている。妻と娘3人との時間が十分に捻出できない課題はずっと解決できていない模様。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師の在宅医療のリアル~苦労とやりがい~

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

アセスメント 薬物療法・作用機序 漢方 医療クイズ SOAP 薬歴 ebm 感染症対策 薬剤師あるある 調剤基本料