著者のプロフィール

ぺんぎん薬剤師の画像

ぺんぎん薬剤師
ぺんぎんやくざいし

4年制薬学部を卒業後、大学院では特許を取得。その経験を患者さんの身近な場所で活かしたいと考え薬局に就職。薬局では通常の薬局業務に加え、学会発表、研修講師、市民講座など、様々な形で「伝えること」を経験。自分の得た知識を文章にし、伝えていくことの難しさと楽しさを学ぶ。 薬局での仕事が忙しくなる中、後輩に教える時間がなくなり、伝える場としてブログ「薬剤師の脳みそ」の運営を開始。その後はTwitter、Facebook、Instagramなどの各種SNSも開始し、より多くの薬剤師に有意義な情報を提供できるメディアを目指して運営を続けています。

著者のシリーズ一覧

ぺんぎん薬剤師とはじめる!薬剤師のための中医協講座

調剤薬局で働きながらSNSによる情報発信を続けているぺんぎん薬剤師がm3.com内で配信されている医療維新シリーズ<中央社会保険医療協議会(診療報酬改定)>の記事について薬局の現場で働いている薬剤師にもわかりやすく解説していきます。

ぺんぎん薬剤師が解説する2024(令和6)年度調剤報酬改定のポイント

診療報酬は医療の進歩や国の経済状況など様々な要因を配慮して、原則2年ごとに見直しが行われます。これを診療報酬改定と言い、大きく医科、歯科、調剤に分けられます。そのうち調剤部分の改定を調剤報酬改定と呼びます。2024(令和6)年調剤報酬改定ではどのような見直しが行われるのか、「2024年度調剤報酬改定の背景と全体像」「外来の薬学管理料の見直し」「真の在宅診療を進める2024年度調剤報酬改定」の3つの記事に分けてぺんぎん薬剤師が解説します。

ぺんぎん薬剤師が解説する2022(令和4)年度調剤報酬改定のポイント

診療報酬の改定は、現状に則した報酬を定めるために、2年に1度行われています。 2022(令和4)年度の調剤報酬改定は、「薬局薬剤師業務の対物中心から対人中心への転換の推進」「薬局の機能と効率性に応じた評価の見直し」「在宅業務の推進」「ICTの活用」、の4つの方針に沿って改定がされました。 その大まかなポイントについてぺんぎん薬剤師が分かりやすく解説します。

コラム著者一覧

青島 周一 赤羽根 秀宜 油沼 井手 綾子 稲野 寛 榎戸 誠 大内 邦弘 大西 純一 岡村 祐聡 尾島 良太 大正谷 成晴 笠原 靖幸 烏田 千洋 河本 ちかこ キクオ 木村 妃香里 木村 利美 近畿国立病院生涯教育センター 呉 理紗子 くるみぱん 桑満おさむ 児島 悠史 後藤 玲 こだま ひろみ 小原 一将 齊藤 凌 坂口 努 さやぴー ジム子 株式会社sing 進藤まゆみ 菅原 鉄矢 杉山 陽一 鈴木 猛弘 スリムバレー 田中 友也 田中 嘉尚 田村 かおり 坪田留央依 星野智大 ヤクイノックス Dr.ホンタナ Dr. 竜平 なつめ 野田 学 狭間 研至 原田 真理 藤田 道男 堀川 絵里 前田 桂吾 村尾 孝子 村上 理 moka 茂木 雄輔 杜野 亜希 やぎざいし 病院薬剤師だまさん -病院薬剤師ブロガー- 薬剤師ときどき父 薬剤師コラム編集部 おやすみん 博多の薬剤師 tata 本田朋子 柳瀬 昌樹 柳田 希望 山口 竜太 吉田 哲朗 るるーしゅ 高橋 伸夫 ひゃくさん よーくん薬剤師 ゆくた 葦立ひとみ AkiTOOON チロル こう 富澤 崇/土井 信幸 shiron 薬剤師イサミ 藤野紗衣 薬局のアンテナのてっちゃん 佐藤秀峰 学校法人医学アカデミー 薬学ゼミナール事業部 躰長 靖貴 木下 照常 木元 貴祥 田内(SR・Ph) 加藤 涼子 井手元 勝徳 小村 稜 川田 誠也 見習い師 石毛 敦

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 年収・待遇 医療クイズ 疾患・病態