ファーマスタイル編集部 注目 薬剤師コラム
医療従事者専用サイト「m3.com」に掲載された「薬剤師コラム・特集」の中で薬剤師さんによく読まれている記事をピックアップしました。

薬剤師の日常業務やスキルアップに役立つ情報、専門家コラムはこちら 全ての記事を読むのはm3.comに会員登録(無料)が必要です。
m3.com会員の方はこちらからログイン >

ハイリスク薬の加算算定に必要な薬歴の書き⽅を分かりやすく解説します。今すぐマスターできる「薬歴記載のポイント3点」は必⾒です!

患者の薬や服薬状況等を把握して、薬が適正に使⽤されるように情報提供を⾏った際に算定できる「服薬情報等提供料」。「服薬情報等提供料1」と「服薬情報等提供料2」のどちらを算定するかは、情報提供を求めたのが誰かによって異なります。

「処⽅せんを持ってきましたが、出荷調整の薬剤で在庫がないため、ジェネリックや代替薬を提案しましたが、患者さんは「薬を変えたくない」と納得しません。患者さんに薬剤の出荷調整の状況を理解していただくにはどうすればよいでしょうか?」との相談に、村尾先⽣がアドバイスします

日病薬病院薬学認定薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、難易度までわかりやすく解説します。

服薬指導をしていると、どっちの方が強いの?どのくらいで効くの?など聞かれることは多々あります。睡眠薬はこれらのことをよく聞かれる薬の一つですね。今回は、非ベンゾジアゼピン(非BZ)系の3つの薬剤について違いや特性をまとめました。

一般名で書かれた薬を調剤する際に、剤形変更できるかどうかは、患者の同意を得ることは前提として、「後発医薬品」かつ「薬剤料が同額以下」であることが基準です。「薬価」ではなく「薬剤料」である点にも注意しましょう。

2021年の8月1日に地域連携薬局及び専門医療機関連携薬局の認定制度が施行されました1)。薬局に多様な機能が求められるなど、薬剤師を取り巻く環境が変化する中、私たちはこれからどのように活躍していけば良いでしょうか。

実務で役立ち、楽しめる『疑義照会・失敗列伝』2ndシーズン! 脚色を加えて作成した疑義照会のエピソードをマンガと薬剤師の先輩からのコメントつきでお届けします。今回は「読めない…。」です。

調剤薬局で働きながらSNSによる情報発信を続けているぺんぎん薬剤師がm3.com内で配信された臨床ニュースの中から一つを選び解説します。

「ダパグリフロジン」に心不全の適応が追加になりましたが、「どんな心不全にも安全で効果的」というわけではありません。どんな患者に、どんな点に気をつけながら使えば良いのかを解説します。

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 てんかん 服薬指導 漢方 医療クイズ 診療報酬改定 SOAP 薬歴 ebm